2009年 07月 09日
お櫛田さん〜博多祇園山笠
a0003650_2258880.jpg
はじめて博多祇園山笠の飾り山を見ました。



a0003650_22582983.jpg
こちらでは銀杏を'ぎんなん'ではなく、'ぎなん'と読むのだそうです。
a0003650_225847100.jpg
福岡市博多区、中州川端駅を下車、川端通り商店街を歩いて行くと、
櫛田神社があります。
地元の方からは、'お櫛田さん'と親しまれている場所。
天草の帰りに福岡で少しだけ時間があり、一人で散策してみました。
a0003650_2259878.jpg
博多祇園山笠は7月に行われるお祭りで、
櫛田神社の氏子たちが行う奉納行事のひとつだそうです。
a0003650_22593386.jpg
1200年以上の伝統のある社。
a0003650_22594924.jpg
初めて見た山笠の大きさにびっくりしました。
これは飾り山というものだそうです。
a0003650_2301335.jpg
、、、なぜにドラえもん^^
これはこれで驚きでした。
なぜなら、
a0003650_2304154.jpg
こういうものばかりを想像していからです。
山笠の写真は都内では旅行会社のポスターなどで見たことがあります。
福岡の伝統ある祭り、九州男児が裂帛の気合いをもって行うもの。
そんなイメージがありました。
やっぱり現地に行かないとわからないことがありますね(笑)
a0003650_232076.jpg
山笠は裏表の飾りがああり、それぞれ意匠がことなるのです。
a0003650_2323788.jpg
この日は晴れて蒸し暑く、カメラ片手に散策すると汗だくになりました。
かき氷をみつけて即購入。
a0003650_2341881.jpg
鯛焼きパンも。
a0003650_2343595.jpg
こちらが舁き山。
山笠を担ぐことを、'舁く(かく)'と言うのだそうです。

こちらが山笠の映像
速さを競うタイムアタックだったのですね。
残念ながらわずかな滞在時間だったので、実際に見ることはかないませんでした。
きっとすごい迫力なのでしょうね。
こんな勢いのある街で育ったからこそ、先生は九連宝燈を親ヅモできるのでしょう。
僕が中学の時に知った福岡出身の著名人は、鮎川誠と小島武夫です。
:->

by moonisup | 2009-07-09 23:07 | travel


<< 日食の撮り方      釣りに行こう >>