2009年 09月 29日
余宮隆の黒
a0003650_15324378.jpg

黒。
クラプトンが愛したブラッキー。
スラッシュのギブソン・ブラックビューディー。
キースのギブソンES-355ブラック。
そして、千宗易の愛した黒。
すべての無駄を削ぎ落とした深い闇の中に、輝きが見える時がある。
a0003650_15325618.jpg
土庵・吾妻橋ギャラリーで余宮隆展が始まった。
陶芸歴20年弱の作者は、これからも進化し続ける。
この春の個展とは、すべて違う作品が並んでいた。
a0003650_15331167.jpg
あまたの作品から黒を選んだ。
作家が住む天草の夜は、闇が闇として君臨していて、
しかし人工の照明が一切ない中にもかすかな光は偏在している。
a0003650_15332426.jpg
春に千鳥で見たからいいや、と思われている方にこそ、
見ていただきたいと思った。
止まらない人の歩みを、わずか5ヶ月で作りあげた素晴らしい作品の数々を。
a0003650_15335360.jpg
2009年10月3日(土曜日)まで。
土庵地図
午前11時から、平日19時まで。
最終土曜日17時まで。
:->

by moonisup | 2009-09-29 15:34 | goods


<< エリーだけど、サザンじゃないし...      衣替えをすると季節が逆転する法則 >>