2009年 12月 29日
山芋
a0003650_0455434.jpg
味噌煮込みうどんについて記事にしたところ、数名の方からご指摘いただきました。
一番の特徴は、シンプルに見えてたくさんの隠し味があるとのこと。
さっそく作りなおしました。
昆布の出汁をとった後に、鰹節を加えて出汁をとりました。
(本当は次に椎茸のもどし汁も入れるといいそうですが、なかったので省略)
そのまま野菜(前回より種類多く)と肉を煮込んで、最後にうどんと卵を。
やはり美味しくできて、子供にも
「前よりも美味しい、最後まで飽きない味」
と、好評でした。
小説の中で、大治郎はもっとシンプルに作っていたのですが、、
アドバイス下さった皆様、お礼申し上げます。
次は冬の物語でよく登場する大根の煮物や根深汁を作ろうと思っています。

写真は父からいただいた山芋。
何かこったものでも作ろうかと思いましたが、刻んだだけがうまいです。
:->

by moonisup | 2009-12-29 00:50 | food


<< 発酵バターでマフィン      土鍋で味噌煮込みうどん(疾風編) >>