2010年 02月 03日
漢の料理・お弁当大作戦
a0003650_16525555.jpg
「友人から電子レンジもらったっす、最近弁当作って会社に持って行ってます」
生まれ変わったような大久保君、もう黒船がきたような革命大騒ぎです。
電子レンジがあれば、かなり多くのものが作れますぞ。

というわけで早速。



a0003650_16531616.jpg
かぼちゃ196円、ぶり253円、豚こまぎれ194円、ネギ99円
合計 742円
「2000円で1週間食いつなぐぞ、材料は全部スーパーで・作戦」

その1・豚丼
なんで牛丼じゃないかというと、僕が牛肉苦手だから。
a0003650_16542226.jpg
1.
耐熱容器(電子レンジ対応なら何でも可、なければ平皿でも)に、
醤油、酒、砂糖、を同じ比率でいれる。
これに豚肉とネギをまぜる。
調味料の量は、最初はスプーン1とかで入れて、
足りなければ同比率で増やしていく。
肉の量でどれぐらいになるかは適当に。
肉全部を浸らせなくても可。
全体を混ぜて、'The song remains the same'ぐらいの時間浸けおく。
なるべく重ならないようにする(肉の固さを均一にするため)
2.
ラップをかける。
3.
この時、密閉しないで空気の逃げ場を作っておく。
4.
電子レンジで加熱。
時間は、、700wだそうなので、うーん、どんぐらいだろう、わからんです。
とりあえず2分かけて、一回取り出して、火傷に気をつけてラップはがして、
混ぜてみて。それで肉がまだ赤いようなら、同じラップかけてもう1分。
いきなり4分とかかけると肉が固くなっちゃうと思う。
レンジの時間は肉の量でも変わるので、様子みて下さい。
a0003650_16544344.jpg
a0003650_16545298.jpg
完成、飯に 盛って食らうべし。
君は多分これに七味をどばっとかけることでしょう。

お弁当に持って行く時は、
2段弁当箱の一つにご飯、もう一つにこの漬け込んだ肉、
会社のレンジで加熱調理して食べるという荒技もあるけど、
匂いがすごいので周りの様子で判断して下さい。
家で調理して持って行く場合は、つゆだくにしないこと。
あるいはおかず箱につめて、そちらを厳重にラップすればこぼれないと思う。

その2・カボチャ
a0003650_16552544.jpg
カボチャの切り方は、この記事を参照して下さい。
1.
弁当箱に入れやすいサイズでカット。
この時に全部を同じ大きさにカットしないこと。
大中小のサイズを作っておくと、弁当箱に詰める時に、
隙間対策で便利。
2.
耐熱皿に調味料を。
醤油と砂糖を同量、これを1としたら、
酒と水を同量、これを3ぐらいの量で。
1:3だと、味が濃いとか薄いとか好みもあるので、
最初は一度に全部のカボチャを調理しないでパターン変えて試して。

味付けの基本は、同量の醤油と砂糖で、
それを、同量の酒と水で薄める、という感じです。
この比率が1:3だったり、1:4だったりは好みです。

皿に載せる時は、カボチャの皮(堅い方)が上になるように並べる。
3.
さっきと同じようにラップして(端に空気穴作る)電子レンジへ。
4分加熱してみて。
それで堅ければもう少し延長。
カボチャの堅さも好みがあるので、まあ適当に。
a0003650_16564111.jpg
朝晩のおかずでもいいし、弁当にも入る。

その3・ぶりの照り焼き
a0003650_1657178.jpg
1.
耐熱皿に調味料を。
醤油、砂糖、酒を同比率で。
最初スプーン1とかで試して、ぶりを入れてから、
量を調整して。全部浸かる必要はないです。
表10分、裏5分とかひっくりかえして、
2.
また同じようにラップして、
電子レンジで、2分。
この時間も今まで同様に様子見ながら増減して下さい。
a0003650_16572532.jpg
ブリをお弁当で持って行く時、会社のレンジで再度温めすぎると、
ぱさぱさになるので注意。

これだけ作って残金1258円もあるよ、お大尽だよ。
まだ4品は作れると思う。
(米と調味料はストックがあるという前提だけど)

注1 電子レンジは食後に庫内を拭き取ろう、匂いが残るので。
注2 これらのレシピは完全に僕のオリジナルではないです。
出展の本が見つからないのですが、昔読んだ、小林カツ代、村上祥子の、
電子レンジの料理本とかで、そこから作りながら、配分とかアレンジしています。

(つづく)
:->

by moonisup | 2010-02-03 16:57 | recipes


<< オリンパス PEN      そして今朝 >>