カテゴリ:art( 44 )

2015年 05月 23日
矢野義憲個展 (2015 東京)のおしらせ
a0003650_22423323.jpg

福岡県糸島の木工作家、矢野さんの個展が、
本日から開催されます。

矢野義憲 個展
2015年5月23日(土)〜30日(土)
11:00〜18:00(最終日17:00)
作家在廊日 5月23日(土)
会期中無休

151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3−59−8
原宿第2コーポ208
Style-Hug Gallery
T/F 03-3401-7527

お近くの方は、是非。
手になじむ、そしてやさしくて強い、
素晴らしい木の器です。


以前、糸島に行った時の記事です。

:->

by moonisup | 2015-05-23 10:42 | art
2015年 04月 18日
Star Wars 予告編02


Star Warsの新作 予告編のNo.2が公開されました。
いやあ、、、、たまらんですわ。
いきなりの山のようにそびえるスター・デストロイヤー。
代々受け継がれるフォース。
そして、ファルコンの飛翔!!
で、ハン・ソロ。

初期3部作(4.5.6)の後の、後期3部作(1.2.3)
で、ずっこけた人は世界中にいて、
7作目を作ると発表された時の
ブーイングはすさまじいものがありました。
でも、監督がJ・J・エイブラムスと発表されて、
・汚しの美学
・西部劇
・神話
を理解している予告編 No.1を見て、
一気に期待が高まりました。
そして、今回の予告編No.2
もう、いけますよ、絶対に(と信じたい今日このごろ)

で、ANAがまさかのR2D2塗装!



秋に就航予定とのこと、
これも楽しみです。

:->

by moonisup | 2015-04-18 22:46 | art
2015年 03月 17日
岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ
a0003650_22275692.jpg

世田谷文学館で
岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ
を見てきました。
a0003650_22283314.jpg

昔読んだ数々の作品の原画を見て、
懐かしく、ぐっとくるものがありました。

「リバーズ・エッジ」で、夜の橋を歩く二人、
美しい構図を、大きな原画で見られたのはよかった。
あの頃、中尊寺ゆつこ、内田春菊、桜沢エリカ、
原律子と、同世代女性漫画家がいたけれど、
絵が一番好きなのが、岡崎京子でした、
とても洗練された絵柄でした。

80年代後半の"トーキョー"の空気、
バブル景気の影でうごめいていた貧乏で、
気持ちは世の中に引っ張られてて背伸びしていた、
思い出すだけで赤面するような懐かしい感覚。

「東京ガールズブラボー」の
「金田サカエ16歳、趣味はおしゃれと音楽とかいもん、将来の夢はガイジンになることです!」
が名台詞だったのだと、
今さらですが気がつきました。

3/31まで。
a0003650_22292111.jpg

この日の東京は、気温が21度まであがり、
コートのいらない朗らかな一日でした。
:->

by moonisup | 2015-03-17 22:29 | art
2014年 11月 08日
余宮隆 うつわ展 2014年11月 荻窪
a0003650_23231540.jpg

東京・荻窪で、余宮隆 うつわ展始まりました。
2014年11月8日(土)から16日(日)まで。
(11/9(日)は作家在廊です)
a0003650_23232789.jpg

荻窪・art+stellas器物屋
初めてうかいがいました。
167-0051
東京都杉並区荻窪4-25-9
11-19時(木曜日定休日)
a0003650_23235920.jpg

素敵な器の数々、お近くの方は是非。
:->

by moonisup | 2014-11-08 23:25 | art
2014年 08月 14日
攻殻機動隊と、あしたのジョー
a0003650_21513378.jpg

池袋西武で、
攻殻機動隊大原画展」(8/20まで)を見てきました。
素晴らしい原画の数々、完璧な世界観、
大大好きな作品なので、堪能できました。
平日の午前、がらがらでした。

そして、西武線で中村橋に移動して、
a0003650_21531350.jpg

あしたのジョー、の時代展」(9/21まで)
も見てきました。
ちばてつやの原画を見るのは初めてかもしれません、
とても美しい上品な絵です。
線がとてもきれい。
タイトル通り、原画以外にも、同時代の文化的な展示もあるのですが、
なんかかたよっていて(マッドな面ばかり意図的に強調していたかのような)、
不要だった気がします。
ちばてつやの原画だけの展示でも、
素晴らしいと思うのですけどね。
a0003650_21554980.jpg

入場チケットにしかけがあり、楽しめました。
a0003650_21561915.jpg

攻殻は展示作品の画集を購入。
作品について語ると、
2万文字越えるので、省略。

攻殻原画展は、
大阪(8/27-9/8)
福岡(10/7-14)
新潟(10/18-11/30)
と巡回するようです。
:->

by moonisup | 2014-08-14 21:57 | art
2014年 05月 13日
バルテュス展  2014年 東京都美術館
a0003650_2231322.jpg

JR上野駅構内で買った、
パンダの焼き印入りの今川焼き。
a0003650_2231307.jpg

朝から雨が降っていたのですが、
午後には晴れて夏日の気温になりました。

仕事を終えて、上野の東京都美術館に着いたのが、
午後3時45分頃。
a0003650_22452260.jpg

バルテュス展を観てきました。
前回はいつだろうと調べたら、
1994年に東京ステーションギャラリーで。
20年も前ですね。
その間に作品のいくつかは何かの企画展で見ている気もしますが、
没後(2001年)に日本で大きな展覧会がおこなわれるのは初とのこと。

バルテュスはちょっと癖のある作風なので、
好き嫌いがわかれると思います。
絵画的な技法としては、特に新しいことをしたわけではありません。
ルネサンスの王道、写実派、印象派、点描、
フジタの白い肌の描き方、など、
色々な技法を取り入れています。
本人も芸術家と呼ばれることを嫌い、
職人でありたかったそうです。
それでもバルテュスが比類ない作家なのは、
絵の題材ですね。
少女特有の天使性と残酷さなどを描きました。
でもバルテュスは、テーマなどを定義づけられるのを嫌い、
「絵だよ、絵のための絵だ」
と言っていたそうです。

バルテュスの絵を好きになったのは、
画集ではなくて、実物を見てからでした。
予想以上に大きな作品、そして空気感の奥底まで描かれていて、
絵の中の少女を抱きかかえたら、女の子特有の、
ふわっとした感覚が蘇るような、
とにかく絵の中に引きこまれます。

今回初めてみた作品で、
「窓 クール・ド・ロアン」(1951年)という作品があり、
彼の代名モチーフである、少女、鏡、猫、のどれもが描かれていません。
それでも、その窓を境界線として、
室内と屋外の空気の違いが伝わってくるすごい作品でした。

ミュージアムショップでは、
必ず売っている代表作のポストカードだけでなく、
写真家の巨匠・アンリ・カルティエ=ブレッソンが撮影した、
彼と家族のポートレートポストカードが売っていました。
どれも初めて見る写真で、迷わず購入しました。
これがまたいいのです。
a0003650_22453695.jpg

5時の閉館で外に出ると、まだ上野公園は明るい陽射でした。
今の季節が一番過ごしやすくて好きです。
公園内のカフェはどこも満席でしたが、
a0003650_22463197.jpg

文化会館内のカフェは、一人なら楽に座ることができました。

バルテュス展・東京都美術館が、
6/22まで。
そして、7/5から9/7までが京都市美術館です。

なんとか時間作って、もう1度ぐらい見に行きたいと思っています。
東博のキトラ古墳壁画展も見たいのですけどね。
こちらは5/18までなので、今週中になんとかしないと。
:->

by moonisup | 2014-05-13 23:03 | art
2013年 11月 24日
写真美術館・清里フォトアートミュージアム
a0003650_22164360.jpg

八ヶ岳のレストランDILLに行く前に、
山梨県・清里にある、写真美術館、
清里フォトアートミュージアムに行ってきました。

鉄道の場合は、JR小梅線の清里駅からタクシーで10分。
山道なので歩くのは大変だと思います。

車の場合は、
 407-0301
 山梨県北杜市高根町清里3545-1222
 電話:0551-48-5599
これをカーナビに入力すれば表示されます。
a0003650_221738100.jpg

山の中にある静かな大きな美術館で、とても素敵な環境でした。
a0003650_22175548.jpg

2013年12月23日まで、
「森ヲ思フ:ウィン・バロック、志鎌猛、宮崎学の写真」
という企画展を行っています。
アメリカの写真家・ウィン・バロックの作品目当てで、
11月の平日に見てきました。

ウィン・バロックは大型カメラを使って、
緻密なモノクロプリントを作った写真家です。
オリジナルプリントは、
黒から白への美しいグラデーション、
葉脈まで写る精密な描写、
息を呑む美しい作品の数々です。
機会あれば是非。
a0003650_22181679.jpg

バロックが使ったのと同じ原理の大型カメラが展示してありました。
これでのぞくと、
a0003650_22183430.jpg

このように、天地左右が逆に見えます。
これはレンズの性質によるもので、
実は皆さんが使っているデジタルカメラも同様です。
内部処理で天地左右をなおされてから、
背面液晶に表示されています。
a0003650_22185570.jpg

これは同行したカメラマンの友人、
有人君が撮ってくれた写真です。
:->

by moonisup | 2013-11-24 22:27 | art
2013年 07月 29日
六本木とか
a0003650_024987.jpg

先週の話です。
国立新美術館に、アンドレアス・グルスキー展を見てきました。
大変素晴らしい作品の数々に圧倒されました。
a0003650_035369.jpg

写真家の友人、有人君と行ってきました。
僕にグルスキーを教えてくれたのは彼でした(4年ぐらい前だったかな)
同好の士と、展示見終わった後に、あーでもないこーでもないと、
好き勝手なことを話す時間が楽しかったりします。

僭越ながら、グルスキー展の簡単な鑑賞ガイド書きました。
ご参考までに。

六本木から渋谷へ移動して、ブリテッシュパブへ。
a0003650_065621.jpg

彼が呑んでいるのは、ラガーでなくエール、泡が少ないビールです。
a0003650_08210.jpg

お店の黒板には、イギリスジョークが。
そういえば、ロイヤルベビー誕生の翌日でした。
:->

by moonisup | 2013-07-29 23:55 | art
2013年 05月 28日
2013年 ラファエロ展 上野 国立西洋美術館
a0003650_23102814.jpg

先週、上野国立西洋美術館に、ラファエロ展を見てきました。
平日でも混むと聞いていたので、夕方4時過ぎに入ると、
いくらか楽に見ることができました。

ルネサンス芸術の2大巨人・レオナルドとミケランジェロ。
この二人の作風を研究して、さらなる発展、
ルネサンス絵画技法の頂点を完成させたのがラファエロです。
モチーフ、構図、モデルのポーズまで、
レオナルドとミケランジェロ作品をたくさん真似しているのですが、
圧倒的な画力で模倣者にはならずに、
ルネサンスの3大ヒーローに加わっています。
今回上野に来たのは、代表作ではないのですが、
すさまじい画力で、絵の中に吸い込まれるようでした。
いつかイタリアに行って「小椅子の聖母」を見たいと、
決意新たにしました
(いつのことやら、、、)

公式サイト

次の日曜日6/2までなので、連日相当混雑しているようです。
最終日以外は毎日夜の8時まで展示しているので、
7時の入館ぎりぎりとかだといくらか空いているかもしれません。
(保証の限りではありませんが)
めぼしい絵に狙い付けていけば1時間で充分見られます。

:->

by moonisup | 2013-05-28 23:15 | art
2013年 04月 13日
2013年4月 新橋で「東北炎の作家プラス2」 展
a0003650_2382820.jpg

2013年4月17日(水)ー4月20日(土)
東京・新橋のアトムCSタワーで、
「東北炎の作家プラス2」という展示があります。
石巻の陶芸家の友人、遠藤寿哉さんの作品が展示されます。
お近くの方は是非ご覧下さい。

上記会期中無休
10時ー18時
東京都港区新橋4-31-5
電話 03-3437-3673
アクセスマップ

:->

by moonisup | 2013-04-13 23:10 | art