カテゴリ:travel ( 180 )

2016年 04月 27日
行くぜ、東北!02 仙台・カフェ・シアン
a0003650_21573712.jpg

2016年4月12日 仙台・カフェ・シアン

急に思い立って、石巻に桜を撮りにでかけた旅ですが、
もう一つの目的は、友人が開いたカフェに行くことでした。
a0003650_2203024.jpg

とても素敵な、そして美味しいお店でした、
仙台に立ち寄った時は、皆様是非。
a0003650_2205158.jpg

地下鉄・青葉通一番町駅から、
東北大学へ行く途中にあります。
a0003650_2211331.jpg

Botanicalitem&café CYAN (シアン)
〒980-0811
仙台市青葉区一番町一丁目6-22
シャンボール一番町 1F
tel:022-302-6881

シアンのInstagram

a0003650_2215614.jpg


さて、せっかく来たのですから、仙台でも桜を見たいところ。
今年は開花が早く、だいぶ散っているとのことでしたが、
カフェのすぐ近くに東北大学があるので、
友人たちと一緒に、お散歩に行きました。
a0003650_2232921.jpg

東大や北大と同じで、
国立大学は、国民の財産でもあるので、
誰でも敷地内に入ることが可能です。
(注:校舎内へは立ち入り禁止)
a0003650_2234416.jpg

東北大も、とても広い敷地で、
地元の人に親しまれているそうです。
a0003650_226342.jpg

震災以前からの友人。
震災をきっかけに知り合った友人。
彼らと笑顔で話し合える幸せをかみしめながら、
仙台を後にしました。
a0003650_228199.jpg

次の目的地へ。

(つづく)

by moonisup | 2016-04-27 22:08 | travel
2016年 04月 26日
行くぜ、東北!01 石巻の桜
a0003650_2034969.jpg

「行くぜ、東北。」は、JR東日本のキャンペーンなのですが、
新宿駅南口にできたばかりの、
バスタ(巨大バスターミナル、1日1600本の長距離バス発着)から(1)
久しぶりの高速バスで、仙台へ。
途中、佐野サービスエリアでの桜(2)
そして仙台駅に着いてびっくり、
駅ビルが新しくなっていました(3)
ここから東北本線に乗って、石巻へ。
途中の鹿島台という駅まで、友人に迎えにきてもらいました。(4)
鹿島台駅も新しくなっていて、
出口がわからず。

友人の車で、最初に連れて行ってもらったのは、
石巻専修大学の桜並木。
a0003650_2093121.jpg

見事に満開でした。

この大学が震災後に物資配給基地になり、
ボランティアセンターになった場所です。
a0003650_209486.jpg

2011年3月11日の震災後、
数えきれないほど石巻に行き、
春夏秋冬、すべての季節を、歩いているのですが、
桜満開の時がありませんでした。
ずっと石巻の桜を撮りたいと思っていて、
例年咲くという4月20日頃を予定していました。
ところが、今年は東京も東北も開花が早くて。
a0003650_20114836.jpg

4月9日の土曜日に、
「だいぶ咲いているよ」
というメールを、現地の友人からもらい。
予定を色々と調整して、
10日の日曜日に、
「明日行っていいかな、急だけど泊めてもらえる?」
「いいよ」
というわけで、11日(月曜日)に、急きょ出発しました。
a0003650_20143271.jpg

日和山の桜。
2011年、最初にここに入った時、
ここから見える海岸の様子を、
僕は正視することができませんでした。
a0003650_20155255.jpg

5年の歳月がすぎました。
復興住宅の普請中の様子が見えます。
a0003650_20162768.jpg

桜は満開だけど、寒いのです、
石巻名物の海風が強くて。
この時期、東京はすでに20度ありましたが、
ここでは、東京の1月と変わらない気温でした。

9ヶ月ぶりに、友人と会って、夜中の2時半まで、
色々な話をしました。
ほとんどが音楽の話、そして家族の話、
復興の話、ボランティアの時の思い出話など。

そして翌朝、うまっこ山へ。
a0003650_20191649.jpg

a0003650_20192876.jpg

震災の後に生まれた女の子。
もう2歳になりました。

(つづく)

by moonisup | 2016-04-26 20:19 | travel
2016年 04月 12日
石巻の桜
a0003650_23373316.jpg

3.11の後、数えきれないほど石巻に行っていましたが、
今回はじめて、ボランティア活動なし、
桜の撮影のためだけに行ってきました。
なんでこんな簡単な当たり前のことができなかったのが、
不思議です。
勝手に自分に呪縛をかけていたのかもしれません。
石巻の友人、仙台の友人と遊んだ二日間でした。
あちこちで大量の桜を撮影したので、
そのうち整理して載せます。

この写真に写っている男の子は、現在5歳。
3.11の時は生後3ヶ月ぐらいでした。
以後、毎年会っていますが、
すくすくと元気に育っています。
:->

by moonisup | 2016-04-12 23:38 | travel
2015年 11月 20日
堂島ホテルの朝食
a0003650_2159231.jpg

夜の御堂筋

大阪に行ったのも、もうずっと前のような、、、
a0003650_2234080.jpg

堂島ホテルという素敵なとこで、
a0003650_224711.jpg

大阪の友人たちと、豪華な朝食を
a0003650_2242697.jpg

「エッグベネディクトって10回言ってみい」
「エッグべべべべ、、」
滑舌悪いので無理。

はー、美味しかったなあ(すでに遠い記憶)
また食いてぇなあ、、、

a0003650_2262040.jpg


あわただしく、年末進行に突入しています。
今年も残り40日って、まじすかああああ
:->

by moonisup | 2015-11-20 22:00 | travel
2015年 11月 16日
l'Opéra 2006
a0003650_23385513.jpg

2006年に行った、パリのオペラ座。

:->

by moonisup | 2015-11-16 23:40 | travel
2015年 08月 09日
小倉わっしょい百万夏まつり 花火
a0003650_18324586.jpg

小倉城隣の公園で、
花火があるというので小倉へ。
a0003650_18335430.jpg

さて、初めての場所なのでよくわからない。
「すみません、花火あがるのはあの辺でしょうか?」
「さあ、よくわからんのです」
「多分、あのへんでしょうね」
警備員に聞いても、地元風の人にきいても、
よくわかりませんでした。
まあ、このへんかなあ、
と人のいない川沿いに陣取っていると、
開始間際にどんどん人が増えてきました。

福岡は東京よりも40分ぐらい日没時間が遅いので、
打ち上げ開始は20:15
さあ、小倉城と花火をセットで撮れるか、
と思ったら、
a0003650_1837122.jpg

こっちか〜〜〜〜
全然違う方向でした。
ちゃんと調べていない、いきあたりばったりだとこうなる、
の見本ですね、、、
a0003650_18373760.jpg

風が全然ない夜で、
煙がたまってしまうので、
ちょいと難しかったです。
a0003650_18374868.jpg

a0003650_18375481.jpg

福岡の花火は、東京に比べると空いているので楽です。
もちろん混雑はあるのだけど、
ちょっと離れればぜんぜん。
a0003650_18375964.jpg

ほとんどの人が車で来ているからか、
道路は大渋滞。
でも、帰りの電車が拍子抜けするほどガラガラでした。
:->

by moonisup | 2015-08-09 18:39 | travel
2015年 08月 08日
福岡の花火
a0003650_1544217.jpg

2015年8月1日(土曜日)
福岡・大濠公園の花火大会。

空港とセットで撮りたかったので、
事前にGoogleマップであたりつけたとこに、
行ってみました。
だーれもいない、、、
はたしてこんな離れたとこから花火が見えるのか、
不安に思いながら汗だくで登っていたら、
数名いらっしゃいました。

a0003650_15455451.jpg

三脚をたてた近くに、地元のご夫婦がいて、
酒盛りしながら、
ラジオでホークス対ライオンズの試合を、
ずっと聞いておられました。
かなり濃い感じの博多弁での野球声援が、
とても面白くて、何度か笑いをこらえました。
蚊取り線香もわけて下さいまして。
「うるさくてごめんなさいね」
「いえいえ、楽しかったです、ホークス強いですね」
「そりゃ昔はひどい時もあったんよ」
と。
a0003650_1546222.jpg

a0003650_15465473.jpg


(PCでご覧の方は、クリックすると拡大表示します)

終わった後、空港までのバスが終わっていて、
タクシーをひろいました。
「何をされていたんですか?」
「花火を撮っていたんです」
「あんなとこで見えるとですか?」
「空港と花火を一緒に撮りたかったので」
「飛行機お好きで?」
「ええ、ちょっと」
「私はジャンボの形がすきで、撮っていたんですよ」
「いいですよね、747」
と、
福岡のタクシー運転手さんと、
ちょびっと飛行機談義。
:->

by moonisup | 2015-08-08 19:00 | travel
2015年 08月 07日
糸島の矢野さん 2015年8月
a0003650_21531350.jpg

福岡県糸島市在住の木工作家・矢野義憲さん。
彼の工房に2年ぶりに遊びに行きました。
a0003650_21534034.jpg

木の器の湯冷ましは、
熱湯をいれた直後でも熱くならず、触ることができます。
天草の陶芸家・余宮さんと矢野さんは、お友達で、
矢野家の器は、ほとんどが余宮作品。
また、余宮家にある木の大机は、矢野作品。
作家同士の交流は、素敵だなあと思います。
a0003650_2154567.jpg

街の喧騒から離れた静かな工房で、
彼のノミの音だけが響いています。
真夏の作業は、汗だくで大変そうでした。
a0003650_21551524.jpg


a0003650_21554019.jpg

猛暑の土曜日、矢野さんとは、
色々なお話をしました。
前回もそうでしたが、この工房に行くと、
なんか時間が止まってしまい、
写真撮るのを忘れてしまいます。
a0003650_21555692.jpg

a0003650_2156328.jpg

楽しい時間をありがとうございました。
:->

by moonisup | 2015-08-07 21:56 | travel
2015年 08月 06日
糸島の海と牧のうどん
a0003650_2261655.jpg

福岡県糸島市。
そこの海は、それはそれは美しい色でした。
a0003650_2263241.jpg

a0003650_2263554.jpg

遠浅の海は、透き通るよう
a0003650_2281886.jpg

それでも混雑していません。
a0003650_2283791.jpg

真夏らしい天気でした。

案内してくれた友人と、お昼ごはんへ。
a0003650_229358.jpg

ながーい伝票
a0003650_2294655.jpg

福岡のソウルフード・牧のうどん本店です。
早く食べないと、麺が汁をすって、
どんどん増える、大変なうどんです。
ごぼうの天ぷらが名物(ごぼてん、と発音)で、
炊き込みご飯もすすめられて、
あわせてお願いしたところ、
とても美味しいのですが、
腹いっぱいで苦しくなりました。
a0003650_22103224.jpg

ネギを山盛り入れる人も多いのだとか。

(つづく)
:->

by moonisup | 2015-08-06 22:11 | travel
2015年 08月 05日
天神の夜
a0003650_20573324.jpg

松本零士が描いた未来の宇宙船では、
畳があり、インスタントラーメンをすすっていました。
a0003650_20574850.jpg

映画ブレードランナーで描かれた未来には、
屋台の飲食店がありました。
a0003650_20581016.jpg

攻殻機動隊の未来では、
日本の首都は東京から福岡に移っていて、
高層ビルだらけになっていて。
そこでも屋台のラーメン屋は健在で、
登場人物が食事をしています。
a0003650_20582154.jpg

SF的な未来が現実になっても、
変わらない人のありようがあるのかもしれません。
a0003650_20583337.jpg

a0003650_20583980.jpg

:->

by moonisup | 2015-08-05 20:58 | travel