カテゴリ:camera( 36 )

2007年 06月 03日
デジカメ講座番外編・画像データの消失と復旧
a0003650_21542636.jpg
「デジカメで撮影したデータをPCにコピーしようとしたら、全部消えました」
という、コメント、メールをいくつか頂き、またそんな内容のブログも目にしました。
結論から書くと、この場合の画像データーは、ほとんどの場合、復旧できます。
いえ、できてしまうのです。
記録したデータを完全消去するのは、逆に難しいのです。
(以下の記事は、例外もあることを了承下さい。
また復旧作業ならびに消去作業は、自己責任でお願いします。
また記事内容に誤りがあれば、すみやかに訂正しますので、ご指摘下さい。)

More

by moonisup | 2007-06-03 21:59 | camera
2007年 05月 16日
運動会の撮り方
a0003650_22104626.jpg

運動会の撮り方について。

More

by moonisup | 2007-05-16 22:30 | camera
2007年 04月 27日
「うちの食卓 Non solo italiano」の撮影方法・2
a0003650_9452099.jpg
「うちの食卓 Non solo italiano」の撮影方法・1の続きです。

More

by moonisup | 2007-04-27 22:18 | camera
2007年 04月 20日
「うちの食卓 Non solo italiano」の撮影方法・1
一眼デジカメビギナーのために、
「うちの食卓 Non solo italiano」の撮り方を解説してみます。
a0003650_9225254.jpg


More

by moonisup | 2007-04-20 09:37 | camera
2007年 04月 18日
デジカメ講座 露出補正
デジタルカメラ初心者向けの講座です。
今回は、露出補正について、簡単に書いてみます。
一眼デジカメだけでなく、コンパクトデジカメにもある機能です。
a0003650_231669.jpg


More

by moonisup | 2007-04-18 23:19 | camera
2007年 04月 15日
デジカメ講座 ホワイトバランスについて
デジタルカメラ初心者向けの講座です。
今日はホワイトバランスについて、簡単に書いてみます。
a0003650_20384455.jpg
デジタルカメラにはホワイトバランスという設定があります。
ほとんどの方は、オートで使っていると思います。
それで問題ありません。
でも、それはどんな機能なのか、またこんな使い方もある、という例を紹介します。

More

by moonisup | 2007-04-15 20:45 | camera
2007年 04月 13日
モニターの色(色温度について)
「自分のブログを別のパソコンで見たら色が違って見えた」
こんな話をよく聞きます。

今日は、パソコンのモニターの話です。
ちょっと難しい話かもしれません。
あまり楽しい話ではなく、また決定的な解決策があるわけでもないので、さっと読み流してください。
次回、デジタルカメラのホワイトバランスの設定について記事にします。
それの序章です。

(プロフォトグラファー向けのモニターキャリブレーションの話はしません。)
a0003650_1135970.jpg
この白と黒、上下六段階の差が、あなたのPCでは判別できますか?

More

by moonisup | 2007-04-13 11:38 | camera
2007年 01月 14日
料理の撮り方・レフ板を作ろう
久しぶりのデジカメ講座。
料理の撮り方編・ライティングの基本の話。
a0003650_20174963.jpg

外のレストランなどでは、照明を選べませんが、
自宅で撮る場合は、ちょっとだけ、工夫をしてみましょう。

More

by moonisup | 2007-01-14 20:38 | camera
2006年 10月 24日
食べ物系ブロガーのための、はじめてのデジタル一眼レフ・レンズの選び方
a0003650_21593683.jpg
「デジタル一眼レフを買いたいけど何がいい?」
という相談を最近、よく聞きます。
まあ、何でもいいと思います、最近はどれも大差ないです。
10万円と20万円の機種だと違いますが、同じ価格帯であれば、
どこのメーカーもほぼ横並びです。
厳密に言えば機能の差はありますが、写真を撮るという基本性能は一緒。
持った感じ、好みのデザインなどで選んでいいと思います。

大事なのはレンズ選びです。

レンズの種類は本当にたくさんあって、
スポーツを撮るのか(望遠レンズ)
広い風景を撮るのか(広角レンズ)
花の接写を撮るのか(マクロレンズ)
と、何を撮るかによって、異なります。
このブログへの質問なので、料理写真を撮るのに最適なレンズ、
ということで、説明してみます。
あくまでも私的意見なので、参考程度に。
a0003650_220736.jpg
僕がいつも料理を撮るのに使っているレンズを、3本紹介します。

35ミリ
マクロ60ミリ
マクロ105ミリ
この3本は、ニコンですが、
似たようなレンズが他社にもあります。
(注・この写真のようにレンズを置くのは実際はよくないです)
a0003650_2202811.jpg
料理を撮るのに気をつけるのは、レンズの最短撮影距離です。
カタログに必ず書かれています。
(各メーカー、サイトで確認できます)
この距離は、レンズ面から被写体の距離ではなくて、
フィルム面(現在はCCDなどの記録面)からの距離です。
この最短撮影距離より近いところには、ピントを合わせることができません。
人間も、文庫本を目の前1センチに持ってきたら、ピントがあわないのと一緒。
この最短撮影距離が、40センチ以上のレンズは、あまり料理写真には適しません。
(撮れないことはないけど、使いにくいです)

実際の作例です。
a0003650_2205555.jpg
35ミリレンズで近寄れるのは、これぐらいまで。
a0003650_2213937.jpg
マクロレンズの60ミリでは、ここまで近寄れます。
あまり意味ないですが(笑)
a0003650_222068.jpg
マクロ105ミリでも60と同じように、近寄れます
料理撮影で、マクロレンズを使い、最短撮影距離までよることは、
あまりないです。
紅茶の撮影で茶葉のアップとか。

定規で見ましょう。
a0003650_2222589.jpg
35ミリ
a0003650_2224860.jpg
マクロ60ミリ
a0003650_223975.jpg
マクロ105ミリ。

このように、2本のマクロレンズは、かなりの近接撮影ができます。
花弁などを撮るのに適しているレンズです。

さて、接写すればいいというものでもないですね。
たとえば、料理一皿を撮影する時に、適したレンズはどれでしょう。
これは24センチのお皿です。
a0003650_2242410.jpg
これを撮るのに、
35ミリレンズでは51センチ離れます。
a0003650_2244594.jpg
次に60ミリレンズでは、84センチ離れます。
a0003650_225377.jpg
そして、105ミリでは、112センチ離れないと撮れません。
もしレストランでお皿を撮ろうとして、105ミリしかなかったら、
イスの上に乗るか、席を立って後ろにずっと下がらないと無理です。
a0003650_2272019.jpg
上記の理由で、このブログの食べ物写真は、
ほとんどが、35ミリレンズで撮影しています。
理由は、
1.必要充分の距離に近寄ることができる
2.軽い
3.皿全景を撮るのにも、あまり後ろに下がらなくてすむ。

注意点を一つ。
レンズは、他社製品との互換性がありません。
ニコンのレンズはニコンボディでしか使えません。
キャノンはキャノンボディのみ。
(アダプターを使うなどの例外はあります)
なので、最初にキャノンでそろえてから、他社製品に買い換えるときは、
レンズもすべて最初からそろえることになります。
なので、最初のメーカー選びは、そのことも考えてください。

コンパクトデジカメから一眼レフに買い換えると、
最初はその重量でおどろきます。
写真を撮っている時はいいのですが、電車で毎日持ち歩ける人は、なかなか少ないです。
a0003650_22312577.jpg
デジタルカメラは半年ごとに新製品が出ます。
最新機種も、3年もたてば下取り価格ゼロなので、
使いつぶすつもりで、たくさんたくさん撮って下さい。
なので、毎日使うのに、手頃な大きさ、飽きないデザインというのも、重要です。

繰り返しですが、料理写真を撮る予定の方は、買う予定のレンズの「最短撮影距離」を
調べてみて下さい。

デジタル一眼は、後のピントをぼかす、こんな写真を撮るのが、コンパクトカメラよりも、とても楽です。
それもまた、レンズ選びから。
:->

by moonisup | 2006-10-24 22:10 | camera
2006年 08月 02日
デジタル一眼レフで、花火を撮ろう
a0003650_1251387.jpg
デジタル一眼レフで、打ち上げ花火を撮ってみましょう。
フィルムと違いデジタルだとすぐに露出を確認できるので、
きれいな花火の写真が比較的簡単に撮影できます。

続きを読む

by moonisup | 2006-08-02 12:51 | camera