<   2006年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2006年 07月 31日
Paris・Tokyo てがみアート展
銀座・伊東屋ギャラリーで、8月4日まで、
「Paris・Tokyo てがみアート展」が催されています。
a0003650_21133889.jpg
日本とフランスの、手芸家(ニードルワーカー)の二人、
小倉ゆき子さん・ファニー・ヴィオレさんは、1988年の春に出会いました。
お互いの作品を見て意気投合した二人は、文通をはじめます。
最初、言語の壁があった二人は、お互いの作品を使って、会話を続けたのです。
得意の針と糸を使って、日常を表現して、相手に郵送しました。
それは布に限らず、草、食べ終わった貝殻、お菓子の箱、切符、
さまざまな物に、糸で描いたものでした。
a0003650_21135446.jpg
僕はこれで泣いたよ。
これは小倉さんの作品展がパリで行われた時のもの。
作品展のために日本から来た小倉さん家族を撮影したヴィオレさんは、
撮影に失敗。写真屋からあがってきたフィルムは真っ黒。
がっかりしたヴィオレさんは、その時の展覧会の様子、小倉さん家族を、
黒いロールのフィルム36コマ分に針と糸で描いたのです。
デジタルカメラ以前の時代。
誰もが撮影に失敗したことがあるでしょう。
現像から上がってきた写真を見て涙をこぼしたでしょう。
写っていないのなら、糸で描く。
こんなことをされたら、嬉しくてたまりません。
a0003650_21141640.jpg
これはバスのパスに、その日の出来事を刺繍したもの。

17年間の往復書簡を重ねて、現在、小倉さんは、すっかりフランス語が流暢になりました。
文字だけの手紙でも、電話でも、何不自由なく会話を重ねることができるのですが、
それでも、お互いに刺繍を使って、さらに往復書簡を続けています。

刺繍のテクニックがどういうものかは、僕にはわかりません。
でも、この二人の作品集はテクニック集ではなくて、アイデアのかたまりでした。
そして、それは相手への思いやりでした。
どうしたら相手に伝わるか、どうしたら相手が喜ぶか。
自分のための作品ではなくて、相手のための作品。
様々な賞を受賞している日仏の巨匠が交換した手紙の数々。
本当に素晴らしいものでした。
8/4までに、銀座に行く用事のある方、是非ごらんください。

(注・会場内は写真撮影禁止です。会場にいらっしゃった小倉さんにお願いして、
特別に撮影許可とブログ掲載許可をいただきました。
快諾いただきお礼申し上げます。)

展示に行かれない方々へ、すでにこれらの手紙は出版化されています。
てがみアート—手芸でつづる日仏往復書簡 (大型本)
書店で見かけたら、手にとってみて下さいね。

:->

by moonisup | 2006-07-31 21:14 | art
2006年 07月 30日
夏休みのお泊まり
a0003650_07051.jpg
土曜日の夜、子供のお友達が遊びにきてくれました。
そのままお泊まり。
夏休みだもんね。
a0003650_07391.jpg
一緒にご飯たべて、風呂はいって、あそんで。
a0003650_08944.jpg
ぐがー。
眠ったのはいつもよりも遅い時間。
a0003650_085378.jpg
「なにしてんの?」
「ここは、ひみつきちだから、おとなはだめ!」

またあそぼうね。

東京、梅雨明けした日曜日でした。
:->

by moonisup | 2006-07-30 23:59 | nice guy
2006年 07月 29日
wedgwood fine strawberry
友人からのいただきもの。
wedgwood fine strawberry
とてもおいしい紅茶です。
そして、素敵な缶です、
a0003650_2175513.jpg
これに見合う器がないのです。
いつも紅茶はマグカップで飲んでいて。
それはそれで、いいのですが。
こういうのは、なんとくtea cupで飲みたくなります。
a0003650_2183640.jpg
何杯もたくさん飲むので、華奢なカップでは、おっつかないのですけどね。
素敵なデザインで、たくさん入って、割れにくくて(重要)、、
そんなカップが欲しいです。
え、マグにしておけ?
そうですねー
:->

by moonisup | 2006-07-29 21:08 | tea
2006年 07月 26日
パリについて
8月にロンドンに行くのですが、ストーンズのライブの後、一人でパリにちょこっと寄り道する予定です。
移動日をのぞくとたったの二日間なのですが。
詳しい方いらっしゃれば色々と教えてください。
パリは初めてです。
a0003650_2233251.jpg
1.おすすめホテル
ロンドンから鉄道で入るので北駅に着きます。
そこから移動が楽なところはどの界隈でしょうか。
実際の距離だけでなく、坂が多い、階段が多いから避けた方がいい場所とか、
荷物運びの点からも、お教えいただけると幸いです。

2.どうしてもここは行きたいとこ。
オランジェリー美術館とギュスターヴ・モロー美術館です。
短い滞在なので、よくばらずに、ふらふらと歩く予定です。
この界隈で、おすすめのカフェや雑貨屋などあれば教えてください。

3.観劇やコンサートなど。
ガイドなどによると8月は多くの公演が、夏休みだそうです。
その期間でも上演されるネットにはあまり載らないようなライブ情報など、
あれば、お教え下さい。
(これこそ欲張りですね、ロンドンでさんざん行く予定なので。
 余裕があれば、劇場ぐらいは見学しようと思っています)

4.その他、パリでのコツなど。
sweetsなどなど。
a0003650_2238284.jpg
パリでは、これとかこの子達の写真を撮ったりもする予定です。
「ぼーっとしてたらスリにとられちゃった(・_・)」
とならないようにしたいものです。
:->

by moonisup | 2006-07-26 22:32 | travel
2006年 07月 24日
ベルン・夏のミルフィーユ
新宿のデパートで購入した、季節限定・夏のミルフィーユです。
a0003650_1443124.jpg
と、いっても、ずっと梅雨空の東京です。
a0003650_14433247.jpg
晴れないかなあ、、
仕事おわないかなあ、、、
:->

by moonisup | 2006-07-24 14:43 | sweets
2006年 07月 22日
blue note
a0003650_9574079.jpg
とても鮮やかな色の青いシャツを着た女性が、
黄色い傘を持って立っていた。
急行を待つホームで。
a0003650_9575534.jpg
なんてきれいな青、と思いながら、読みかけの本に目を戻した。
すると突然文庫本の前を青いシャツが横切った。
その時の違和感は、後で気がついたのだけど、
距離と時間だった。
前方に立っていた女性が、瞬時に僕の目の前を横切れるはずがない。
横を見上げると、まったく別の女性だった。
でも、その青いシャツは、左前方にいる女性のものと、
まったく同じシャツだった。
襟の形、袖の形、
撮影する時のアイロンをかけるときに、あの肘の部分は面倒だな、
とかそんなことを思わせるシルエットだった。
でも、とてもきれいな青。
二人の女性の青は、まぶしかった。
a0003650_9582644.jpg
左前方に立っている女性は、青いシャツに黒いスカートだった。
50代なのか60代なのかわからないけれど、姿勢の美しい人だった。
右側にいる女性は青いシャツに白いスカートで携帯電話をのぞいていた。
20代ぐらいだろうか。
僕には女性の年齢がわかる才覚はないし、そもそも二人の年齢などどうでもいいことだ。
a0003650_9584655.jpg
電車がホームにすべりこんでくると、
人々の動きはあわただしい流れになり、僕も混んでいる急行電車に乗りこんだ。
そのまま僕は文庫本にまた夢中になり(悲しいけれど面白い小説だった)、
いつの間にか終点の駅に着いた。
a0003650_959919.jpg
JRに乗り換える方向の階段を上ると、いつものようにぎっしりと混んでいる。
ここの階段は狭いのだ。
するとさっきの青いシャツの女性が二人、並ぶようにしてゆっくりとした流れにいた。
前方にいる二つの青いシャツは後ろから見ると、まるで双子のようだった。
とても美しい二枚の青いシャツは、左右にわかれて人の流れにのみこまれて、
見えなくなった。
:->

by moonisup | 2006-07-22 09:59 | art
2006年 07月 20日
終業式
7/20終業式です。
通信簿には、
a0003650_22113474.jpg
やっぱり。
「忘れ物が多い」「整理整頓ができない」を注意されていました。
はあ、、何せ親がもう、忘れ物キング・駄目駄目なんで、はい、すんません。

先日、雨の日に、ランドセルはおろか傘すらささないで、
ずぶぬれで帰ってきやがりました。
「、、、なんで全部忘れたの?」
「いや、なんとなくねー、あはは」
「、、、」
で、その翌日ランドセルしょってもどってきました。
中を見ると、紙切れ一枚入っていませんでした、、、、からっぽ(;´_`;)
a0003650_2226041.jpg
まあでも、君はもう大丈夫。
「食べる」という一番大切なことができるから。

これは、漢(おとこ)の料理・レシピ募集の時に、ciaoamikoさんに教わったレシピです。
1.卵をふんわりスクランブルエッグにしておき取り出す
2.トマトを適当に切って炒める
3.1の卵を戻して塩コショウとごま油で味付け
a0003650_22282747.jpg
これをご飯にかけて、醤油をかけて食べています。
とってもおいしいです。

さて、明日から楽しい40日間の夏休み。
怪我せずに、楽しく過ごせますように。
:->

by moonisup | 2006-07-20 22:23 | nice guy
2006年 07月 18日
Photoshopで写真に文字をのせる方法・暑中見舞い用
暑中見舞いカード用に、写真に文字を載せる方法です。
a0003650_21544591.jpg
文字をのせるだけでしたら、
比較的簡単なので、付属の取説よめばすぐにわかるレベルです。
Tのパレットからスタートして、フォントとサイズを選びます。
ここから本題、その次に、文字を加工します。
a0003650_21565124.jpg
ワープテキスト、という機能を使ってみましょう。
この上の○で囲んであるアイコンをクリック。

More

by moonisup | 2006-07-18 21:55 | Photoshop
2006年 07月 17日
stonesのチョコレート
a0003650_21134353.jpg
ブラックチョコと
a0003650_21135976.jpg
ミルクチョコ

、、、もちろん偽物です。
Photoshopで作りました。
作り方は、
雑誌「MdN7月号(先月号です) 特集・あなたのデザインに必要なテクスチャ70 」
より。
Photoshopで作る色々な素材です。
先日の「34度」の炎も、Photoshopで作りました。
写真ではありません。
えーと、こんな事して遊んでいる場合じゃないんですけどねー。
金子さん、明日ちゃんと納品します、はい、がんばります。
(現実逃避モードでした)
:->

by moonisup | 2006-07-17 21:14 | sweets
2006年 07月 16日
「という、はなし」「にょっ記」
3連休なんですね。
子供の友達が、うちに泊まりにきています。
僕はこの三日間ずっと仕事です、、、

おすすめ本です。
大好きなイラストレーター・フジモトマサルがらみで、二冊。
a0003650_21572693.jpg

「という、はなし(フジモトマサル・絵 吉田篤弘・文 筑摩書房)」
筑摩書房のPR誌『ちくま』での連載を書籍化したものです。
動物を擬人化させたイラストで有名なフジモトマサルの絵に、
吉田篤弘がテキストをつけたもの。
テーマは「読書のある風景」
普通は、テキストが先で、イラストが後ですが、
これはイラストが先です。
フジモトマサルの絵からは、色々な物語が想像できるのですが、
この本の文章は、くすりと笑ってしまうような素敵な物語ばかりで、
読んでいて愉快な気分になれます。
いいですねえ、自分の写真に、こんな文章をつけてもらったら、
とても幸せだと思います。
(僕の写真の力量は不問ということで。)

もう一冊は「にょっ記 (穂村 弘・著 フジモトマサル ・挿画)文藝春秋」
これは、『別冊文芸春秋』に連載されていた穂村 弘のウソ日記。
淡々と描かれている世界は、起承転結もオチもなく、
ただ、くすりと、面白いです。

どちらも、のんびりしたい気分の時に、おすすめです。
:->

by moonisup | 2006-07-16 21:58 | books