<   2011年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2011年 11月 30日
Sweet home Tokyo 28
a0003650_213367.jpg

Tokyo, 30 Nov 2011, 11:34 AM(JST)

ミッドタウンから
a0003650_2135458.jpg

外苑東通りを北へ
a0003650_215734.jpg

青山一丁目を左に曲がって
a0003650_2152626.jpg

神宮外苑。
だいぶ銀杏も黄色くなっていました。

久しぶりに一眼レフではなくて、IXYで撮影。
コンデジは軽くていいですね、職質にもあわないし。
:->

by moonisup | 2011-11-30 21:06 | Tokyo
2011年 11月 29日
That's a Plenty
a0003650_22505863.jpg

うかうかとしていたら、11月がもうすぐ終わる。
ありゃりゃん、こりゃりゃん、って気分だ。
a0003650_2245755.jpg

あれもしなきゃ、これもしなきゃ、という状態になった時に、
ノーガード戦法、何もしない作戦を実行する癖がある。
もちろん、その後は火だるまになる。
a0003650_2310425.jpg

「今年ももう終わりだね」
という挨拶言葉は、なんだか後ろ向きな気がする。
もっと前向きに、
「早く夏にならねぇかな」
と言いながらケーキを食べたい。
:->

by moonisup | 2011-11-29 23:10 | photo
2011年 11月 28日
World's First 787 Dreamliner Flight ANA787体験フライト
a0003650_23463261.jpg

787のクッキーつきでした。
a0003650_234644100.jpg

2011年10月28日
Boeing787の体験フライトで、成田に行ってきました。
成田ー成田の1時間半のコースは、
a0003650_23465710.jpg

こんな。
富士山の上を八の字旋回!してくれました。
a0003650_2347757.jpg

ボーイング社の最新型旅客機787は中型機ですが、
省エネ設計で航続距離が長く、大型機でないのに、
東京ーフランクフルト、東京ーニューヨーク直行便とかが可能です。
a0003650_2347266.jpg

それは、エンジンの燃費が大幅に向上していることと、
機体全体にカーボンを使っていての軽量化、
翼面積を大きくしているので、安定飛行時はエンジン推力に頼らないグライダー飛行ができる、
などが理由だそうです。
a0003650_23474328.jpg

ワイドボディーだからでもありますが、機内広いです。
天井高が20cmも、767より高くなり、トランクルームも広くなりました。
しかも錆びないカーボンだから、機内には加湿器が入り、
さらにマイナスイオン空気清浄機つき。
照明もLEDで明るさや色まで変更可能。
さわやかな機内空間でした。
a0003650_23475592.jpg

トイレに窓が!
飛行機とは思えないほど広いトイレで、ウオッシュレット付き。

窓が従来よりも1.3倍大きくなった、というのは、
あまり実感がありませんでした。
また、機内圧も従来より地上に近いため疲れにくい、というのも、
1時間半のフライトではわからず。
長距離載るとわかるのでしょうね。

明らかな違いは、静音性です。
翼のすぐ横でエンジンに近い席でしたが、静か。
上の写真に写っている、エンジン排気側の波形により静音性が向上したそうです。
a0003650_23485083.jpg

この787は機体の70パーセントをアメリカ以外の会社が開発しています。
日本は、三菱、川崎、東レなど、全体の35パーセントと、もっとも大きい比率です。
このタラップも日本製。
6000トンの空圧がかかるパーツですが、
男性一人で持ち上げることができるほど軽いとか。
飛行機で一番重要なパーツはエンジンでなく、主翼です。
それを日本が作るということで、シカゴでは反対運動も起きたそうです。

発表された後に開発が遅れに遅れて、予定より3年後の納品でした。
この時の機長アナウンスで、
「私は787の開発に5年間関わり続けてきました。
 本日のファーストフライトの日を迎えられて感慨無量です。」
と。
a0003650_2349734.jpg

この日は、新聞社、テレビ局なども取材に来ていました。
乗客のほとんどは、ANA関係者、見るからに偉そうな年配の人ばかり。
なんで僕が乗れたかというと、Face bookのANAページでの抽選に当選したのです。
取材でも関係者でもなく、えへらへらと喜んでいました。
a0003650_23492393.jpg

記念にもらったマフラーと搭乗証明書。
似たような写真ばかりですが、この日撮影した写真のスライドショーはこちらです。

:->

by moonisup | 2011-11-28 23:50 | travel
2011年 11月 26日
Sweet home Tokyo 27
a0003650_23335788.jpg

Tokyo, 26 Nov 2011, 4:01 PM(JST)

新宿御苑

夕方から撮影会をしていました。
この時の写真のスライドショーはこちらです。
a0003650_23343941.jpg

終わった後は、タカノへ^^

by moonisup | 2011-11-26 23:34 | Tokyo
2011年 11月 24日
「あったかい」写真募集
今年おこなってきたチャリティーワークショップの一環として、皆様から写真を募集します。

テーマは「あったかい」写真です。

東北の被災地はこれから厳しい長い冬になります。

それを応援する気持ちで、写真を撮ってみて下さい。

たくさんの応募をお待ちしています。

集まった写真は、クリスマスに、このブログで発表します。

応募締切は2011年12月22日まで。
詳しくはこちらの記事をご覧下さい。
a0003650_22333574.jpg

先週ぐらいだったか、食塩不使用バターが不足しているそうで、あまり売っていませんでした。
ケーキマーガリンというので代用。
うん、あんまし変わんない、少なくとも中2男子は気づかず食っていました。

現在はバターも手に入るようになりましたけど、
またクリスマスが近づくと不足するのかもしれませんね。
:->

by moonisup | 2011-11-24 22:35 | photo
2011年 11月 22日
Sweet home Tokyo 26
a0003650_22324467.jpg

Tokyo, 21 Nov 2011, 2:06 PM(JST)

兜町・東京証券取引所。
まったく無縁の場所ですが、ここの側道はなんだか好きで、
時間帯によっては、ちょっとした抜け道迂回路。
a0003650_22152144.jpg

Tokyo, 21 Nov 2011, 3:21 PM(JST)
神宮外苑。
銀杏はまだまだ緑色、一部黄色。
a0003650_22155218.jpg

Tokyo, 21 Nov 2011, 4:49 PM(JST)

急行の通過待ち。

子どもの期末試験が本日終わりました。

Q. ピカソはパリにいた時に(  )の時代と言われた。

「お父さんがひつこく言ってたから、すぐわかったよ」
「そんなに言ったっけ?」
「うん」
:->

by moonisup | 2011-11-22 22:57 | Tokyo
2011年 11月 21日
Sweet home Tokyo 25
a0003650_21555271.jpg

Tokyo, 21 Nov 2011, 4:26 PM(JST)

東京ミッドタウンB1。
仕事おわった後に、ちょっと休憩。
a0003650_2156698.jpg

夕方の風が冷たい月曜日でした。
:->

by moonisup | 2011-11-21 23:59 | Tokyo
2011年 11月 19日
クリスマスカード・チャリティー販売
a0003650_22491730.jpg

クリスマスカードのチャリティー販売をいたします。
写真のカードを3枚セットで。
・カード代金 3枚セット400円
・寄付金 1100円
合計1500円での販売です。

振り込み手数料はご負担下さい。
送料はこちらで負担します。

お預かりした寄付金は、石巻あるいは福島での活動で使わさせていただきます。
(カード代金の合計が制作費を超えた場合は、福島、石巻への交通費に充てさせていただきます)
a0003650_2249371.jpg

たくさんのお申し込みありがとうございました。
お預かりしたお金を持って、12/1-5まで福島での子ども支援プロジェクトに参加してきます。
販売はこれでいったん終了いたします。
ご賛同いただいた皆様、心よりお礼申し上げます。

お申し込みは、こちらのメールフォームにご記入の上、送信下さい。
なお、3日以内に確認メールをお送りします、
確認メールが届かない場合は、
申し込みメールフォームの送信エラーなどの可能性がありますので、再送お願いします。

販売の流れ
1.メールフォームでお申し込み下さい
2.確認メールをお送りしたのち、発送します(1週間ぐらいかかります)
3.カードが届きましたら、同封した指定口座にご入金下さい


・カードの色味は、ご覧になるPCモニタにより異なる場合があります。
・カードのばら売り、カードのみの販売はありません。
・カードは普通郵便でお送りします。
・原則国内のみですが、海外の方は納期や入金方法などを、メールでご相談下さい。
・振り込み口座は、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょう銀行のどちらかになります。
 お振り込み手数料はご負担お願いします。
・配送事故(折れ曲がり)などの場合は再送いたしますが、他の理由による返品はご容赦下さい。
・ご質問などありましたらメールでご連絡下さい。

どうぞよろしくお願いいたします。
                                     関川真佐夫

by moonisup | 2011-11-19 22:50 | volunteer
2011年 11月 18日
walk on the river side 05 黄色いロープ
a0003650_23455040.jpg

当初、11月に石巻に行く予定はありませんでした。
9月に避難所での炊き出しが終わった時、
もう自分の役目は終わったと思っていました。
10月に仲間と東京で打ち合わせをしていて、
たまたま僕に出来そうな作業があるというので誘われて、
3日間だけ行った次第です。

友人には、
「また行くの?」
「もう終わったんじゃないの」
と言われました。
うん、僕も終わったっと思っていました、
もちろん復興がまだまだなのは理解しています。
町がきれいに片付いて、避難所がなくなっても、多くの問題が山積みです。
でもそれは、
"申し訳ないけれど僕の問題ではない"
という意識がありました、
偽らざる気持ちです。
懺悔するように、仲間に言ったら、
「私だってそうだよ、そう思うよ、でもさ、なんかほっとけないんだよね、そう思うから来てるんでしょ」
と言われて、少し安堵しました。
a0003650_2346187.jpg

東京で生活していると毎日がジェットコースターのようで、
色々なことに埋没していきます。
被災地のことを忘れることもあります。
むしろ意図的に忘れて、日々の生活に埋もれる幸福を味わっています。

でも石巻に行くと、何かしらのスイッチが入ってしまい、
何とかしなきゃ、ああすれば、こうすれば、と色々考えてしまいます。
でも準備していない人間が力んでもどうにもならず、
毎回帰り道に無力感に襲われて、
(オレ何しに行ったんだろう)
って思うのです。
a0003650_2347515.jpg

湊中学避難所に設置したソーラーパネル。
現在は、ボランティアセンターの屋上に設置して使用しています。
電子レンジとかは無理ですが、パソコンの電源ぐらいは大丈夫。

こんな工夫をして経費を切り詰めながら活動している仲間たち。
彼らを応援する、それだけでもいいのだと思うようにしました。
町のあちこちにある仮設住宅を細かくまわることは、
短期でしか活動できない僕には難しいことです。
長期で活動している仲間を支援することが、被災地復興への手助けにつながると信じて。
a0003650_2348057.jpg

左、沼田君、
右、たくみ君。

沼田君はカメラマン友達。
仙台在住の彼も被災者の一人です。
それでも5月からずっと、石巻の支援活動をしていました。
8月からは彼も本業が忙しくなり、距離を置いていたようですが、
9月と11月、僕が行くと毎回帰りに、石巻まで車で迎えにきてくれます。
(石巻ー仙台間の鉄道が復旧していなくて、バスが大変なので)
僕は彼の車の中で愚痴をこぼしたり、色々な話をします。
カメラマン同士ですが、写真の話はほとんどしません。
沼田君のブログ

たくみ君は、福島に自分の拠点があります。
震災直後すぐに救援活動するために、車で北上しました。
ラジオで原発の事故を聞いて、
「あ、自宅に戻られない、、」
となった人です。
それから継続的に石巻の支援活動をしています。
たくみ君のサイト

彼らだけでなく、多くの素敵な仲間に石巻で出会いました。
彼らに会うのが楽しみで、石巻に通っていたとこもあります。

そして来月に、僕はたくみ君のサポートで、福島に行く予定です。
ずっと福島の子どもたちを支援したいと思っていました。
ようやくです。

昨日、石巻にいる仲間と電話をした時に、
「ところで次はいつ来るの?来月?」
「ごめん、12月は福島のほうだから」
「そっか、でも石巻も忘れないでね、みんな腹すかしてまってるから」
「うん、また必ず」

僕たちは離れていても、黄色い救助ロープでつながっている気がします。
(ボランティアチーム名の"絆"は、それにひっかけているのだそうです)

また来年、石巻で会いましょう。

(11月の活動報告おわり)

by moonisup | 2011-11-18 23:50 | volunteer
2011年 11月 17日
walk on the river side 04 石ノ森章太郎
a0003650_22525822.jpg

2011年11月9日。
にこまるクッキーのお手伝いを終えて、ベースに戻る時。
石巻駅で、蒸気機関車の汽笛が鳴り響いていました。
まさかと思い線路を見ると、C11が黒煙を吐き出しています!
これの試運転でした。
人の少ない午後の駅に、カメラを持った人が集まり、
お爺さん達がまぶしそうに鋼の車両を見つめていました。
なんて力強い、なんて頼もしい。
a0003650_22534119.jpg

石巻には、漫画家・石ノ森章太郎の記念館があります。
市役所前にはV3、町のあちこちにもヒーロー達がいます。
交番にはもちろんKが。

5月に石巻で炊き出しをしていた時にも、彼らを見かけたりしたのですが、
その頃は町中にまだ瓦礫が多く、倒れて泥にうまっているものもありました。
a0003650_22542169.jpg

石ノ森萬画館の前は、今まで数え切れないぐらい通っていて、ずっと寄りたいと思っていましたが、
毎回炊き出し作業で忙しくて、時間がなく、
11月になり、新ベースから見える距離なので、ようやく作業の帰りに立ち寄りました。

萬画館は川の中州にあったので、津波が直撃して、現在も休館中。
入り口は板でふさがれていて、そこには、初代・藤岡弘の応援メッセージサイン、
また全国のファンからのメッセージも書いてあります。
a0003650_22545259.jpg

駅周辺には数々のモニュメントがあり、全部を見ることはできませんが、
今回やっと、009全員と挨拶ができました。
彼らを泥から救い出して洗浄設置したボランティアさんたちに感謝。
a0003650_2255922.jpg

思えば5月、ハイエースの中に、700人分の炊き出し食材、水、
コンロ、プロパンを満載して現場を往復している時、
若いボランティアの子達が、
「石ノ森って誰?」
「さあ、アトムかいた人じゃね?」
という会話をしていて、
(、、、涙、、この子達に石巻の復興はまかせられん、オレがやる)
と、心密かに決意した次第です。
(実際、何もできませんでした、おっさんの戯言です)
a0003650_22552830.jpg

えっちゃんが寒そうに見えたので、マフラー巻いてあげようかと思ったけど、
彼女は忍者の末裔で強いから、余計なことはしませんでした。
a0003650_22554763.jpg

旧北上川に月。
石巻は美しいところです。

今まで石巻レポートをブログで書くときに、なるべく瓦礫の写真は載せないできました。
石巻イコール瓦礫、というイメージが定着するのを避けたいと思っていたからです。
カメラマンとして、被災地に貢献できることは、
きれいな石巻の写真を撮ることで、
それが観光誘致につながればと考えていました。
でも、それは僕には大変難しいことでした。
カメラではなくて、包丁を持っての活動は、写真家としては残念なことです。
でも、そう決めたことなので後悔はしていません。

瓦礫だらけの川沿いを運転しながら、いつも心のなかで口ずさんでいました
(♪バンバラバンバンバン
  バンバラバンバンバン
  バンバラバンバン、バンバラバンバン
  バンバラバンバンバン)

こんなきれいな川を津波が襲ったなんてとても信じられない気持ちです。
冷たい風のふく川沿いを歩きながら、色々なことを考えました。
a0003650_2256659.jpg

川の近くにある駅、そこの商店街。
営業を再開した美容室に、こんな紙が下がっていました。

陽のあたる川沿いを歩きながら、ジョーの加速装置のことを考えていました。

(つづく)

by moonisup | 2011-11-17 23:35 | volunteer