<   2013年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2013年 03月 28日
まだまだと思っていると
a0003650_23445327.jpg

まだ3月なのにもう桜、
まだ3月なのに、もう散ってしまう、
と思っていると、もうすぐ4月です。

福岡で派手な桜見たからか、今年は都内の桜をまったく見ていません。
自宅近隣の桜は見ていますが、
毎年必ず行く、千鳥ヶ淵、中目黒、四ッ谷、
まったくタイミングがあわず。
まあ、そんな年もあるのかもしれません。
a0003650_23481078.jpg

せわしない3月のBGMはこれ。
Van Halen初期ボックスセット、紙ジャケ6枚組みで、
なんと1850円でした。
すでに全部持っているのに、買ってしまいました。
1stとDiver Downばかり聴いています。
待望の来日公演は6月。
まだまだと思っていると、あっという間かもしれません。
:->

by moonisup | 2013-03-28 23:51 | music
2013年 03月 26日
福岡城さくらまつり 2013
a0003650_2274454.jpg

月と夜桜

福岡出張、仕事の合間の桜見物・その2
福岡城さくらまつり、夜のライトアップに行ってきました。
a0003650_2226359.jpg

福岡城跡は、福岡市の中心天神から、
わずか1Kmちょっとの距離です。

福岡の魅力は高層ビルがなく空が広いことです。
市内近くに空港があるので、建築基準が厳しいのです。
なので、お城と桜、その後ろにはビル、
ということがなく風雅な景色が広がっています。
a0003650_22263275.jpg

今年のさくらまつりは、開花が早まったので、
当初の予定を繰り上げての開催だそうです。
そのおかげで、すばらしい桜を見物することができました。
a0003650_22264711.jpg

さっそく門をくぐって中に入ります
a0003650_2227080.jpg

福岡城はこの時期だけのライトアップ
a0003650_22272130.jpg

ソメイヨシノはほぼ満開、
しだれ桜は5,6分ぐらいでした。

石段を上がって、上から見おろすと
a0003650_22273432.jpg

絶景でした
a0003650_22274779.jpg

人が多すぎず、少なすぎず、
ちょうどいい人の出でした。
(東京だと立錐の余地なしかもしれません)
a0003650_2228065.jpg

お堀に映る桜も美しく
a0003650_22281116.jpg

でもやっぱり冷えたので、
a0003650_22283026.jpg

最後はうどん食べてあったまりました。
:->

by moonisup | 2013-03-26 22:31 | travel
2013年 03月 25日
福岡愛宕神社の桜
a0003650_14393120.jpg

福岡愛宕神社、愛宕いわい餅
焼きたてで、うまいっす。
a0003650_14395124.jpg

先日、福岡出張がありまして。
ひょいと花見の時間も。

愛宕(あたご)神社は、日本全国で約900社もあるそうです。
総本山は京都。
三大愛宕というのが、京都と福岡と東京にあります。
かれこれ30年前、
東京の愛宕神社の近くの中学高校に通っていました。
愛宕神社の境内で、映画研究会の熊谷君が、
なんか映画を撮っていた記憶があります。
「愛宕山」と言えば落語ですね、幇間のお話し。

さて、この福岡の愛宕山は標高68m
たったの、と思ったあなた、
延々続く急な坂道と石段、かなりありましたよ。
戦前はケーブルカーもあったそうです。
(金属が足りなくなって軍に召し上げられたそうです)

がんばって登ると、
a0003650_1440269.jpg

あちこちに桜が
a0003650_14401694.jpg

てっぺんまであと少し
a0003650_14402838.jpg

山頂の風が心地よく
a0003650_14404222.jpg

境内の桜はどこも見事でした。
その割に混雑もたいしたことなく、穴場なのかもしれませんね。
:->

by moonisup | 2013-03-25 14:44 | travel
2013年 03月 22日
夏のような3月
a0003650_23111430.jpg

数日前にいきなり夏日になった東京です。
桜もいきなり咲いちゃいました。
今週はずっとこもりっぱなしの作業日なので、
花見にも行かれず。
せめて近所で鯛焼き買って食べたりしました。
a0003650_23122624.jpg

とても暑い日があって、夏の定番、野菜だし、作りました。
a0003650_2313676.jpg

きんぴらとか。
もう煮込みもの、鍋ものではないですね。
a0003650_23133441.jpg

ほんの1週間前はジャムを煮込んだりしたのですけどね、まだ寒かったのです。
a0003650_23143090.jpg

3月は花粉症がきついので(今年はもうほんとうに)、
お花見は4月になってから行きたいのですが。
今シーズは難しいかなぁ、ひーっくしょん、
:->

by moonisup | 2013-03-22 23:28 | food
2013年 03月 20日
2013年3月 チャリティー・カレンダー販売
a0003650_21572145.jpg

2013年4月はじまりカレンダーの、チャリティー販売をいたします。
(2013年4月から2014年3月まで)
予定枚数完売しました、ありがとうございました。
a0003650_21574191.jpg

この1年、ポストカード販売で使った写真で作ったものです。
(写真は新作ではありません)

カレンダーは表紙を含む13枚。
2Lサイズ(178mm × 127mm)
紙はピクトリコの半光沢写真用紙(厚さ0.3mm)を使用しています。

ばらばらの状態で綴じていません、またケースもありません。
冷蔵庫に磁石で貼ったりするものです。
(大きめのポストカード13枚セットとお考え下さい)

1セット3000円での販売になります。
 内訳
 ・カレンダー代金(送料込み)2000円
 ・寄付金 1000円

販売部数は、限定15部、先着順です。
3月の活動費に充てます。
寄付金分で、お菓子教室の諸経費、
カレンダー代金で、往復交通費などです。

恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担下さい。
予定枚数完売しました、ありがとうございました。
購入ご希望の方は、メールフォームからお申し込み下さい。
今回、お一人様一部限定ですので、申込数の記入欄はありません。

前回、メールアドレスの記入ミスの方が数名いらっしゃいました。
ご確認のほどお願いいたします。


なお、お申し込みいただいた方には、3日以内に確認メールをお送りしています。
確認メールが届かない場合は、
申し込みメールフォームの送信エラーなどの可能性がありますので、再送お願いします。

販売の流れ
1.メールフォームでお申し込み下さい
2.確認メールをお送りしたのち、発送いたします
(到着までに1週間ぐらいかかります)
3.カードが届きましたら、同封した指定口座にご入金下さい

・写真の色味は、ご覧になるPCモニタにより異なる場合があります。
・カレンダーのばら売り販売はありません。
・カレンダーはメール便でお送りします。
・発送は国内のみになります。
・振り込み口座は、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょう銀行のどちらかになります。
 お振り込み手数料はご負担お願いします。
・配送事故(折れ曲がり)などの場合は再送いたします。他の理由による返品はご容赦下さい。
・ご質問などありましたらメールでご連絡下さい。

どうぞよろしくお願いいたします。
                                     関川真佐夫

by moonisup | 2013-03-20 22:18 | volunteer
2013年 03月 19日
two years gone 04
a0003650_22534861.jpg

石巻市南境・生活センター
震災から半年間、ボランティアベースになった場所です。
a0003650_2254711.jpg

ボランティアチームのリーダー・吉村さん。
災害支援のベテランで、
神戸、新潟、タイ、スマトラ、四川、など、
巨大災害発生から24時間以内に現地入りする人です。
文字通り多くの命を救ってきました。
3.11の翌朝5時には被災地に入り、
2年間ずっと石巻で支援を続けてきました。
この3月10日をもってチームの代表が交代になります。
本当に2年間お疲れ様でした。
石巻市民の方から、花束とケーキが贈呈されました。
a0003650_22541953.jpg

たくさんの仲間が2年目ということでまた石巻に集まりました。
今までの活動報告会、慰労会、そして今後について語り合いました。
チームの新しい代表は、
石巻でカーシェアリング協会をおこした吉澤さんに変わります。


そして、2013年3月11日
前夜から冷えこんで、朝はところどころで雪が積もっていました。
a0003650_2254339.jpg

思えば、僕を石巻に呼んでくれたのは、写真家の友人・有人君でした。
最初は彼と一緒に炊き出し現場を回っていたのですが、
その後は、別々の活動になっていました。
東京では時たまあっているのですが、石巻で会うのは久しぶりでした。

そして昼過ぎに、仙台から写真家の友人、沼田君もやってきました。
僕ら3人のカメラマンが、ひんぱんに会うようになったのは、震災以降です。
多くのものを奪い去った震災でしたが、
あの震災で、多くの仲間、そして石巻の人達と知り合いになりました。
a0003650_2254452.jpg

この日の14:46に石巻ではサイレンが鳴り響き、
1分間の黙祷をします。
それをどこでしようかということになり、
石巻市民の遠藤さんに決めていただきました。
「普通に。普段どおりにしましょう。特別な場所に行かなくても、市内であれば」
と。
a0003650_2255172.jpg

僕たち4人は遅めの昼ご飯を食べました。
その時に、サイレンがなり、箸を置いて黙祷をしました。
お店が静まりかえった1分間でした。

今までは石巻ではいつも、朝から晩まで料理をしていました。
炊き出し、料理教室、スタッフのまかない。
それを知っている地元の方に、前回こんなことを言われました。
「石巻きたら、のんびりもして、外でご飯も食べてって。
 いつまでも頑張らないでええから」
と。
今回は意識的に、そうしました。
まかないも1回しか作らず、友人の家でご飯をご馳走になったり、
外食をしたり。
そんな復興支援もたまにはいいのかもしれません。
a0003650_22552353.jpg

炊き出しをしていた頃、避難所にいた子供達と遊んだりしていました。
避難所から仮設住宅に移った後は、
ほとんどの子とは連絡がつきません。
調べる手立てがないわけでもないのですが、
プライベートな問題もあるので、
こちらかは探そうとはしませんでした。
今回、
ずっと気になっていた兄弟と、1年半ぶりに再会できました。
彼らは、びっくりするほど大きく、
そして、やわらかい表情になっていました。
仮設住宅の都合で転校せざるをえなかったのですが、
いい先生といい友達にめぐまれているようでした。

また別の友人家族のもとにも行きました。
プレハブ仮設住宅の角部屋はとても寒くて、
断熱材を工夫したり、すきま風を粘土でふさいでいました。
コタツに入り、お茶をご馳走になり1時間ほどおしゃべりをしていました。
そこのお父さんが、
「黙祷は2:46じゃねんだよな、津波がきた時間は40分も後だから」
と。
小学生の女の子が、
「テレビが震災ばかりでつまらない、なんで石巻じゃなくて福島ばかりなの」
と言うと、お母さんが、
「石巻は復興がすすんでいるからいいの、福島のが大変なの」
と言った言葉がずっと耳に残っています。

仮設住宅の前で、記念写真を撮っていると、
次いつくるの、という話に自然となりました。
子供達に、
「またねー、またケーキ作ろうねー」
と言いながら、沼田君の車に乗せてもらい、石巻を離れました。
a0003650_2256142.jpg

仙台駅で、新幹線乗車まで30分。
沼田君と、駅の立ち食い寿司を並んで食べました。
「うまい、なにこれ、すごい、」
絶品でした。
でも彼は小声で、
「ここも美味しいけど、塩竃にも別のうまい寿司屋あるから、
 次は絶対そこ行く時間作ってきてよ」
と言われました。
「うん、じゃあまた」
大慌てで新幹線に乗り込み、東京へ。

夜11時過ぎに帰宅すると、子供がまだ起きていて、
荷物を開梱している僕の鞄を見て、
「お父さんのカバンは、ぐりとぐらだね。美味しそうな調理道具がいっぱいだよ。
 おかえり、お疲れ」
と言ってくれました。

僕は瓦礫撤去の重機ボランティアチームみたいなすごいことはできませんが、
できる範囲で、無理なく継続できればと思います。
ぐりとぐらみたいに、ちっちゃい範囲でも。

これで3月の活動レポートは終わります

最後に、応援してくれた友人たち、現地でお世話になった皆々様へ、
心よりお礼申し上げます。
いつも支えてくれる家族へも。
そして撮影日程を調整してくれた担当y君にも。
ありがとう。
:->

by moonisup | 2013-03-19 23:20 | volunteer
2013年 03月 18日
two years gone 03
a0003650_1883320.jpg

2013年3月10日
お菓子教室前に、スタッフ用まかないご飯。
無水鍋で作る、豚肉ともやしと白菜の蒸し煮。
a0003650_1884331.jpg

今回のお菓子教室は土日ともに同じメニューにしました。
今までは土日で作るケーキを変えていいましたが、
参加者が増えたことと、準備が大変なので、同じ内容にしました。
両日ともにガトーショコラです。
a0003650_1885770.jpg

1年前にお菓子教室を始めるにあたって、リーダーと相談して決めたことは、
・子供達が後日自力で作ることができる、わかりやすいもの。
・仮設住宅のキッチンは広くないので、特別な型や道具などを買い足しせずにすむレシピ。
です。
今回のガトーショコラは、
高価な製菓用チョコレートではなく、
どこでも買えるガーナ板チョコで作りました。
チョコの素材に頼るのではなく、手作りならではの美味しさの追求を。
板チョコは、
120g×6ホール×2日分=1440g
ガーナ1枚が55gなので、27枚も買いました。
石巻で買い占めるのはよくないので、
事前に東京の問屋売りの店で買って、
宅配便で石巻在住の仲間に送付しました。
a0003650_1891176.jpg

焼き菓子のいいところは、
オーブンから広がる幸せの匂いです。
部屋にいるみんなが笑顔になります。
a0003650_1892373.jpg

帰宅してからも、再現できるように、
レシピのおさらいをします。
代用可能な道具の説明をしたり、
チョコレートの保存方法をお話ししました。
a0003650_1893583.jpg

焼き菓子はどうしてもオーブンの待ち時間があります。
子供たちが退屈しないように、イチゴの飾り切りをしました。
今回は花の作り方でしたが、クリスマス用に(ずいぶん先ですが)、
モミの木のカットも説明しました。
(この調理室には果物ナイフがないので、大きな包丁でみんながんばりました)

料理は片付けまで。
洗い物までは子供達と一緒にします。
その後の部屋掃除、余った材料(次回にまわせるもの)や道具のチェックなどが、
意外と時間がかかります。
この片付けを今回は、仲間が全部してくれました。
きちんとした道具リストを作ってくれて、本当に助かりました。
お菓子教室は、徹頭徹尾、一人でできることではありません。
a0003650_1894914.jpg

そして撤収。
夕方の石巻はとても冷たい強い風がふきます。
それでも3月、日が長くなりました。
5時過ぎに、北上川に夕陽が落ちていきます。
寒い町も、仲間と一緒に笑っていると、あたたかく感じます。
(石巻在住の仲間に、次の場所まで車で送ってもらいました)

帰り際に、
「次はシュークリームがいい」
とリクエストされました。
次。
やっぱり次があるのかな。
2年目を節目に終えようかなと思っていたのですが。

(つづく)

by moonisup | 2013-03-18 22:54 | volunteer
2013年 03月 17日
two years gone 02 無盡窯
a0003650_22331356.jpg

2013年3月9日石巻

星空の下、窯の煙突からは力強い炎があがっていました。
a0003650_22332732.jpg

以前も紹介した、マーシャルアンプのある陶芸工房・無盡窯(むじんがま)
石巻の陶芸家、遠藤寿哉(えんどうとしや)さんの工房です。

遠藤さんとはボランティアセンターで知り合いました。
被災者でありながら、
震災以後ずっとボランティアセンターで事務をしていました。
a0003650_223486.jpg

あの大地震で、この工房は大きな被害にあいました。
2トン近くある窯が90度回転したり、もう一つの窯は横転したそうです。
a0003650_2236599.jpg

湊地区でのお菓子教室が終わった後に、
仲間の車で、この工房へ。
すでに窯に火が入っていました。
a0003650_22361824.jpg

遠藤さん、甥っ子君、ボランティア仲間の華さん、写真家の有人君
みんなで炎を見守りました。
まだ寒い夜でしたが(翌日は粉雪がふりました)
火のまわりにみんな集まります。
a0003650_22364665.jpg

石巻駅から北西にわずか10kmぐらいの距離。
星空がとてもきれいな場所です。
a0003650_22365776.jpg

灯油と薪のハイブリッドの窯で、
寒い夜に、ずっと火の番をしています。
a0003650_22371234.jpg

母屋では、猫のジミちゃんがコタツで眠っていました。
a0003650_22373173.jpg

この日の晩は、
遠藤さん、有人君、僕の3人で、夜中の3時まで、
ずっと音楽の話をしていました。
いつも聴いているzeppelinとかをレコードで聴かせてくれました。
a0003650_22374443.jpg

遠藤さんが高校生の時にアルバイトをして買ったフェンダーと、
お父さんから譲り受けたギブソン
a0003650_22375724.jpg

おいしい食事を素敵な器で、ご馳走になりました。

色々な"復興"があります。
とてもささいなことですが、
子供達とケーキを一緒に作る、
僕の中では大きな目標でした。
そしてもう一つ、石巻で知り合った友人と、延々ロックの話をする。
実現するのに、2年かかりました。
a0003650_2238986.jpg

また来年の3月にも、この家族に会いに行こうと思っています。

(つづく)

追 遠藤さんの陶芸作品展示が、4月に東京であります。
詳細はまた後日に。

by moonisup | 2013-03-17 23:00 | volunteer
2013年 03月 16日
two years gone 01 お菓子教室
a0003650_2246113.jpg

2013年3月9日 
石巻市で子供お菓子教室を行いました。
今回は、ガトーショコラです。
a0003650_2246278.jpg

石巻でのお菓子教室も5回目になりました。
・パンケーキとイチゴジャム
・マフィン
・白玉フルーツポンチ
・クリスマスケーキ
ときて、今回は子供達からのリクエストで決まりました。
a0003650_22544645.jpg

スタッフは朝10時に集合。
オーブンテストをかねて試作して、
段取りを確認しました。
午後1時に子供たちが集まり、
4チームにわかれて、作りました。

リーダーの意向により、
お母さんと子供は別のチームにしています。
そのほうが、お母さんたちもケーキ作りに集中できるし、
子供達も親に頼らず頑張れるからです。
みんな、美味しそうなガトーショコラが完成しました。
a0003650_2247122.jpg

お待ちかねの試食タイム。
そこが美味しかったりするんだよねー
a0003650_2247124.jpg

味はどうかな。

無事に完成、味に関しても好評でした。
協力いただいた関係各位に心より感謝です。
a0003650_22472343.jpg

3回目以降は、石巻市の地域センター・みなと荘の調理室で行っています。
ここは津波被害のあった場所ですが、
多くの人の手が入り、使えるようになりました。
前回までは、調理室のある3階のトイレは、
配管が復旧していなくて使えませんでしたが、
今回から使えるようになりました。
でも、まだ給湯器は使えません。
バターとかを使った調理道具は、
鍋でお湯をわかして、それを使って洗いました。
大きな急須もないし、手ぬぐいを干すハンガーもありません。
でも、無理に買うことなく、工夫次第でどうにかなります。
a0003650_22482895.jpg

いつも、多くの仲間が手伝ってくれます。

僕が初めて石巻に入ったのは、2011年5月でした。
小学校の体育館避難所で、700人分の食事作りサポートをしていて、
その頃は、石巻でお菓子を作るなんて夢にも思える状況ではありませんでした。
7月ぐらいになり、炊き出しを手伝いにくる小学生たちに、
「ケーキたべたいな、つくれる?」
「うん、よく作っているよ、いつかいっしょにケーキ作ろうね」
と話していたのがきっかけでした。
もちろん僕一人でできることではなくて、多くの仲間がいたから実現したことです。
この3月は、震災からちょうど2年になる週末で、
多くのボランティア仲間が石巻に集まりました。
彼らがいなければ、こんなにも石巻に足を運ぶことはなかったでしょう。
a0003650_22484346.jpg

そんなスタッフに、卵焼き。
子供たちが、卵白と卵黄を分けるときに失敗した卵の後処理、
オヤツになりました。
みば悪くてすんません(整える時に失敗しました)
a0003650_22491373.jpg

この公民館の向かいにある、湊地区の小学校。
いまだ閉鎖されたままです。
取り壊すのか、再開するのか、、、どうなんでしょう
a0003650_22492990.jpg

2年の月日はとても大きく、色々な復興が進んでいます。
大きな力が日々集結した結果です、
でも、「終わり」という日はなかなか簡単にはきません。

(つづく)

by moonisup | 2013-03-16 22:50 | volunteer
2013年 03月 15日
Sweet home Tokyo 75 東急渋谷駅
a0003650_23543215.jpg

Tokyo, 14 Mar 2013, 1:56 PM(JST)

渋谷駅東口歩道橋
a0003650_23544558.jpg

子供の頃、最初に認識した繁華街が渋谷でした。
このバスに乗って渋谷と自宅を往復していました。
母に連れられていった東急本店、五島プラネタリウム、
東京都児童会館、志賀昆虫社。
渋谷は何でもある都会でした。
小学校5年生か6年生の頃に、東急ハンズができました。
小学校の友人と初日に行き、
記念の文具セット(コンパス、定規、鉛筆、消しゴムが、かっこいいケースに入っていた)
をもらいました。
a0003650_23545759.jpg

渋谷の映像記憶は、この変な形の駅舎です。
a0003650_2355833.jpg

この駅がわかりにくいのは、
"地下鉄"銀座線は、地上3階だったり
a0003650_2355483.jpg

首都高速の下に、
山手線と東横線が平行して交差して、
その下には青山通り。

複雑な構造の駅ですが、慣れれば、ひょいひょいまたぎで、
移動ができる駅です。
a0003650_2356433.jpg

明日、2013年3月16日から、
東急東横線は、地下5階にもぐり、地下鉄新都市線と乗り入れます。
ここしばらくは、多くの人が駅のようすを撮影していました。
混んでいるとか、うるさいとか、悪口の代名詞にあがる駅なのですが、
意外と多くの人に愛されていたんだなぁ、と思います。
a0003650_23563177.jpg

乗り換えは、南口から上がると、
正面よりも空いていて楽だったんですけどね。
a0003650_23564337.jpg

この駅舎は85年間だそうで、うちの父よりも年上です。
僕が世話になったのは40年ちょっとですが、
本当にありがとうございました。
新しい駅舎(地下)はヒカリエの真下です。
またきっと、にぎやかになることでしょう。
(スイーツ衝動買いが増えそうな予感)
:->

by moonisup | 2013-03-15 23:57 | Tokyo