2016年 11月 13日
Hello from Tokyo 57 豊洲の夕日
a0003650_22472899.jpg

Tokyo, 27 Nov. 2016, 4:04 PM(JST)

豊洲新市場の月、
と飛行機(ちっちゃいけど)
a0003650_22502872.jpg

これは今年の7月に、ゆりかもめ車内から撮影した、
豊洲市場の写真。
皆さんご存知のように、色々あって、
a0003650_2248376.jpg

11/12は、こんな様子でした。
どうなるんでしょうね。
a0003650_225142100.jpg

屋上緑化広場とか眺めよさそうで、
楽しみですけどね。
a0003650_22523153.jpg

a0003650_22524578.jpg

このあたりには、マンションがニョキニョキと増えているので、
人も増えてきました。
で、何しに来たかというと、市場はどうでもよくて、
a0003650_22533548.jpg

この界隈は、海も空も広く、
夕日がとてもきれいなのです。
a0003650_2254158.jpg

東京消防庁が海上消化訓練をしていたり
a0003650_22543876.jpg

ここの眺めが大好きで、ぼーっと、いつまでも見ていられます。
a0003650_22545683.jpg

十三夜の月がきれいでした。
a0003650_2305145.jpg

日が暮れるのが、早くなりました。
5時ちょっとすぎで、すっかり夜の景色です。

:->

# by moonisup | 2016-11-13 23:01 | Tokyo
2016年 11月 12日
iPod touch 第六世代
a0003650_22581486.jpg

今時、スマホではなくて、
iPod touchを新品で買う人って、
世の中にどれぐらいいるのでしょうね。
今回は、
赤ではなくて青にしてみました。

iPad miniがあるからいらないかな、
と思っていたけれど、
あると便利です。
:->

# by moonisup | 2016-11-12 22:59 | goods
2016年 11月 10日
お土産シリーズ
a0003650_2236547.jpg

a0003650_2237084.jpg

a0003650_2237584.jpg

:->

# by moonisup | 2016-11-10 22:37 | food
2016年 11月 08日
Grazie mille!
a0003650_21434880.jpg

10年ぶりの海外旅行でした。
40歳の時に、イギリスとフランスへ。
そして、50歳になったこの夏、イタリアへ。
a0003650_21442279.jpg

イタリアについて、深く知っていたわけではありません。
根拠のない、おぼろげな印象が、
旅の前の時間を不安にさせました。
でも、行くと聞くでは大違い。
イタリアの鉄道もバスも、ほぼ時間通りで(運がよかっただけかも)、
スリにもあわず治安はよく(たまたまかも)、
そして、出会うイタリアの人は、
勤勉で親切な人ばかりでした。
つっけんどんな人もいましたが、
多くの場所で、親切にしていただけました。
a0003650_21445770.jpg

10年ぶりの旅行を、イタリアにした一番の理由は、
フィレンツェ、ヴィチェンツァ、ヴェネツィアに、
友人が住んでいたからです。
どの街でも親切にして下さって、本当にありがとうございました。
あたたたちがいたからこその、楽しい旅でした。

そして、
a0003650_21471570.jpg

フィレンツェには、強い思いがありました。
この10年、西洋美術史、キリスト教絵画の本を、
たくさん読んできました。
西洋美術の始まった場所に、
ずっと行きたかったのです。

イタリアは水があいました。
昔からお腹がとても弱いのですが、
旅の間、一度もこわすことなく過ごせました。
a0003650_21564453.jpg

ヴェネツィアは車もバイクもないので、
すべての荷物、食料、ゴミも人力で運搬しています。
ツーリストのペットボトルゴミが大きな問題になっているので、
水は水道水を飲みましょうと、案内がありました。
a0003650_21574592.jpg

街のあちこちに、飲水があり、
それをそのまま飲んでも、何も問題ありませんでした。
a0003650_21582716.jpg

ヴェネツィアのフェニーチェ劇場。
二度の火事から、復活したフェニーチェ(不死鳥)。
劇場のまわりには、マリア・カラス広場、
マリア・カラス橋。
彼女が路上のハンドバック売りを見ている写真があります。
それがヴェネツィアだったんだなあ、と
来てから気がつきました。
a0003650_22121236.jpg

写真をきちんとたくさん撮る。
旅の目的の一つでもありました。
一人旅なので、じっくりとできたことでもあり、
また難しくもありました。
華やかな被写体は、難しいのです。
こちらの意思で撮る、のではなく、
街に撮らされてしまうのです。
でも、それもまた楽しいことで、
ずいぶんと流されました。
a0003650_22213244.jpg

またいつの日か。

(イタリア旅行、いったん終わります)
:->

# by moonisup | 2016-11-08 22:04 | travel
2016年 11月 07日
いわきお菓子教室 2016-11 丸パン
a0003650_19371043.jpg

2016年11月6日に、福島県いわき市で、
お菓子教室をしてきました。
会場はいつもお借りしている、
常磐共同ガスのショールームです。

今年の6月以来、5ヶ月ぶり。
a0003650_19372815.jpg

いわきに、前泊しました。
11/6土曜日の夜は、おうし座南流星群が極大を迎える、
とのことで、カメラを長時間露光で放置。
でも写っていませんでした。
まあ、久しぶりに肉眼で天の川も見え、
福島の星空を堪能しました。

さて、日曜日。
いわきでのお菓子教室は、
今回で6回目です。
前回のリクエストで、パンを作りたいとのことでしたので、
手ごねで丸パン作り。
a0003650_19402383.jpg

かわいい手で、一生懸命、こねこねしていました。
a0003650_19413767.jpg

一次発酵の待ち時間で、
a0003650_19421072.jpg

リンゴジャム作りを。
僕が所属しているボランティアチームのリーダーが、
熊本支援に入ったままで、
そこからリンゴが送られてきました。
先日の阿蘇山の噴火で、火山灰にまみれてしまったリンゴとのことです。
熟すまえに傷んでしまったとのこと、
皮をちょっと厚めにむけば、問題なし。
a0003650_19441771.jpg

とても甘いリンゴで、美味しいジャムになりました。

さて、
a0003650_19445121.jpg

a0003650_19451812.jpg

ベンチタイム、成形、二次発酵。
待ち時間で、お昼ごはん。
a0003650_1946341.jpg

おかあさん達の持ち寄りランチを、
ご馳走になりました。
僕は前日に焼いたパンのみ、
次は何か一品作りたいとこです。

アラームが鳴って、オーブンに入れる時間。
a0003650_1947963.jpg

今回は8家族でした。
a0003650_204599.jpg

正確に8等分して形をそろえる班。
独自な形にする班。
色々な形があって、
パン作りは性格がでますね(笑)
a0003650_1947526.jpg

どの班も、美味しそうに焼けました。
お疲れ様でした、
お世話になりました、関係各位にお礼申し上げます。
a0003650_19483471.jpg

昼間は東京と同じぐらいの気温ですが、
夕方から冷え込む福島の地。
少しだけ、紅葉を見ることもできました。

日曜日の夕方、常磐道上りは大渋滞。
急いで帰っても混むだけなので、
a0003650_2081495.jpg

いわきで温泉に入り、
居酒屋で煮魚定食(のど黒でした、絶品)を食べて、
ゆっくりと帰京しました。
来年もまた、いわきに行けるといいなと思います。

:->

# by moonisup | 2016-11-07 19:52 | volunteer
2016年 11月 05日
レガータ ストリカ Regata Storica di Venezia
a0003650_1241093.jpg

華やかなヴェネツィア
a0003650_1242282.jpg

2016 Regata Storica di Venezia
a0003650_1242680.jpg

a0003650_1244350.jpg

9月の第一日曜日、
ヴェネツィアで、
レガータ ストリカ Regata Storica di Venezia
というボートレースのお祭りがあります。
a0003650_1244682.jpg

第一部は、
古い衣装に身を包んだ華やかな船。
第二部は、真剣なボートレース。
a0003650_1253440.jpg

「すごい混雑するよ」
と事前に聞いていたのですが、、、
花園神社の酉の市に比べれば、1/10ぐらいの人で、
東京人には、どってことない混み具合でした。

ボートレースの始まる前、
午前中から、運河がにぎやかでした。
a0003650_126032.jpg

お芝居している船とか
a0003650_1261687.jpg

なぜかサンバ
a0003650_1262890.jpg

バンドマン演奏。
揺れる船上でドラム叩けるんだと、びっくり。
a0003650_127753.jpg

ヴェネツィアは車が禁止ですが、
お金持ちの街。
この日だけの、ランボルギーニの展示があったり。
a0003650_127313.jpg

おそろいの帽子の子供たち


レースが終わると、
a0003650_1274621.jpg

チーズとワインで乾杯
日本でのお神輿の時、
休憩所があるような感じでした。
a0003650_128099.jpg

a0003650_128548.jpg

何事も船の上で。
a0003650_1281629.jpg

のんびした日曜日でした。

(つづく)

# by moonisup | 2016-11-05 20:00 | travel
2016年 11月 04日
ヴェネツィアの舟
a0003650_227264.jpg

ヴェネツィアは、出島のような形をしていて、
島内は、自動車、バイク、自転車も禁止です。
運河が縦横無尽に通っているので、
移動は様々な船が利用されていました。
a0003650_22114542.jpg

朝のラッシュ、水上タクシーがたくさん。
a0003650_22121149.jpg

自動車もバイクもないので、
荷物の輸送も船。
a0003650_22125233.jpg

船の八百屋さんも
a0003650_22131722.jpg

華やかな街の主役は、ゴンドラです。
a0003650_22134869.jpg

ゴンドリエのお兄さんたちも、かっちょいいです。
a0003650_22141069.jpg

島にある造船所。
ここでゴンドラを造っていました。
a0003650_22143376.jpg

ただ、水上タクシーもゴンドラも、料金が高いので、
もっぱら、水上バスを利用していました。
a0003650_2217025.jpg

地元の人の生活の足でもある水上バス、
わんちゃんもおとなしく乗っていました^^
a0003650_2218381.jpg

時間帯によっては、こんなに超満員です。
東京の電車に比べれば、空いているようなものですが。
a0003650_22192384.jpg

運河の水は、きれいで、魚もいます。
a0003650_22194288.jpg

ゴンドラの飾り。
総督の帽子、
6つの行政区、
3つの島、
だったか、意味があるそうです。
a0003650_22241869.jpg

ヴェネツィアで問題になっているのが、
大型客船。
こんな船がくることで、高波が立って、
建て物の侵食が広がっていて、
住人には大問題だとか。
東京も観光地を誘致だけして、
インフラがまったく整備されていないので、
ひどことになっていますが。
世界中の観光地が、色々な問題抱えていますね。
a0003650_22274199.jpg

ヴェネツィアが落ち着く、という人が多いのは、
自動車が一切ないので、騒音もないし、
のんびり歩けるだからだそうです。

(つづく)

# by moonisup | 2016-11-04 22:29 | travel
2016年 11月 02日
冬の音
a0003650_17504183.jpg

最近気温が低いので、
パンの発酵に時間がかかります。
11月2日、東京の最高気温は12度だったそうです。
寒い、急に寒くなりました。
a0003650_17514415.jpg

外を歩いていると、音の感じが冬になってきました。
a0003650_17522765.jpg

焼きたてのパンが、
コタツのような幸せ。
(うちにはコタツないですが)

:->

# by moonisup | 2016-11-02 17:53 | food
2016年 10月 30日
ヴェネツィアの離島めぐり
a0003650_22223392.jpg

トルチェッロ島

ヴェネツィア在住の友人に案内されて、
離島めぐり。
a0003650_22224651.jpg

船好きなので、1日に何回も乗れるのは最高でした。
a0003650_2223048.jpg

(Google mapより)

1.トルチェッロ島
2.ブラーノ島
3.ムラーノ島
という順番で。
a0003650_22232918.jpg

とてもカラフルなブラーノ島。
レースの生産でも有名だとか。
a0003650_22234160.jpg

漁師さんたちが霧の中を帰宅するのに、
自分の家がすぐわかるように色分けしたのが、
始まりだそうです。
a0003650_22235922.jpg

男の子が生まれた家は、青いレースを、
女の子が生まれた家は、ピンクのレースを、
玄関に下げるそうです。
a0003650_22241366.jpg

家もカラフルですが、
各家庭、玄関にかけるカーテンも素敵でした。
a0003650_22242877.jpg

ヴェネツィアでよく見かけるクッキー
S字にしたのは、この店が最初だったとか。
a0003650_22244494.jpg

そのお店のおじさん。
卵味の強い、美味しいクッキーでした。
a0003650_22251525.jpg

ヴェネツィアガラスで有名なムラーノ島へ移動して、
お昼ごはん。
イカスミパスタが絶品でした。
食後に散歩して、ジェラートも。
a0003650_22253152.jpg

船が接岸する時に、
係の人が、するするっとロープをかけるだけで、
とても簡単そうに見えます。
でもきっと難しいのでしょうね。

(つづく)

# by moonisup | 2016-10-30 22:25 | travel
2016年 10月 28日
ヴェネツィア国際映画祭への行き方
a0003650_22354494.jpg

イタリア・ヴェネツィアで、毎年8月末から9月あたまで開催される、
ヴェネツィア国際映画祭。
カンヌ、ベルリン、ヴェネツィア、世界三大映画祭のひとつ。
これに、行ってきました。
と言っても、映画関係者でもなんでもないので、
会場を外から見てきただけです。
ここへの行き方が、なかなか検索しても見つからなかったので、
いつか行く人のために。
a0003650_22364057.jpg

場所ですが、ヴェネツィア本島のとなり、
リド島という場所です。
期間中は、ヴェネツィア本島であちこちにポスターを見かけますが、
船で移動しなければ行くことはできません。
水上バス(ヴァポレット)のパスがあれば、
それで行けます。
ヴァポレットの乗り方は詳しいサイトがたくさんあるので、
省略。

リド島へは、サンマルコ広場からが一番近くて、
15分ぐらいで着きます。
水上バスの路線図もあちこちで手に入ると思うので、
省略。
a0003650_2237022.jpg

リド島に着く船は、
この地図のaの場所です。
ここから南へ、
赤いアンダーラインのある、
Palazzo del Cinema
というとこが会場です。
ここまで歩けば、30分ぐらいとのこと。
リド島は海水浴のリゾート島なので、
急いでいない人は、散歩しても楽しいのです。
が、この時期はかなりの猛暑なので、
できればバスで行きたいところ。
a0003650_2237249.jpg

ですが、バス乗り場がわからない。
bのエリアにたくさんのバスが来るのですが、
どれも違うみたいで。
で、映画ファンっぽい人にくっついていきました。
服装が全然違う人たちがいます。
リゾート島なのに、
映画のTシャツ来ていたり、
スーツだったり、まあオタクっぽい人がいます(笑)
バス乗り場はちょっと離れていて、
こっちのcでした。
このバスも、水上バス(ヴァポレット)のパスがあれば無料です。
バスにはcinemaと表示があったので、
すぐわかりました。
途中3箇所ぐらいのバス停によって、
会場近くの臨時バス停に着きます。
a0003650_2238334.jpg

普段は車が通れるらしいのですが、
映画祭時期は通行禁止なので、
ちょっと離れたバス停から歩きます。
cinema のバスに乗っている人は、
ほぼ全員がこっちの方向に行くのでついていけば、
a0003650_2239112.jpg

会場に着きます。
a0003650_22392626.jpg

この写真で、傘が並んでいるのが見えますか?
これは朝早くからの場所とり。
お目当ての映画スターがでてくるのを、
ずっと待っている人たちがいました。
a0003650_22404148.jpg

a0003650_22425024.jpg

会期中の上映プログラム。
これらの映画作品は、東京映画祭とかと一緒で、
入場券を買えば、一般の人も見ることが可能です。
a0003650_22433242.jpg

離島だからか、午前中だったからか、
人は少なく、のんびりした雰囲気でした。
a0003650_22441577.jpg

お茶でも飲もうと思ったのですが、
この列がね、ぜんぜんすすまないのです。
午後の予定もあったので、お茶断念。
a0003650_2245330.jpg

イタリアはどこもトイレがなくて苦労しました。
映画を見るために劇場内にはあるらしいのですが、
外はなかなかみつからず。
この写真の赤い矢印の裏側に、仮設トイレがありました。
いやほんと、トイレ探しに苦労する国です。
a0003650_22465748.jpg

すぐとなりは、アドリア海に面した、海水浴場。
a0003650_22472480.jpg

金獅子賞の意味、行ってわかりました。
ヴェネツィアのどこにでも見かける翼のあるライオン。
ライオンがヴェネツィアの守護聖人・聖マルコの象徴だったからだそうで、
映画祭でも、そのまま使われたそうです。
黒澤明や北野武が受賞していますね。

おまけ
a0003650_22505242.jpg

ヴェネツィアはたくさんの映画のロケ場所になっていますが、
ちょっとマニアックなとこ。
アカデミア橋近くの音楽学校です。
007カジノ・ロワイヤルの舞台になった場所で、
ダニエル・クレイグが銃撃戦していました。
もともと宮殿だったとこらしいのですが、
音楽学校なので、授業なのかピアノの音、
コーラスの音が聞こえていて、
中にはもちろん入ることはできませんでした。
a0003650_2251404.jpg

a0003650_22515735.jpg

とても素敵なたたずまいの学校でした。

(つづく)

# by moonisup | 2016-10-28 22:52 | travel