人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2022年 08月 08日
東海道新幹線テレワーク車両「S Work車両」
東海道新幹線テレワーク車両「S Work車両」_a0003650_22331270.jpg
これまた先月の話ですが。
東海道新幹線テレワーク車両「S Work車両」に乗ってみました。


東海道新幹線「のぞみ」7号車限定車両で、
EX予約でないと買えません。

この車両は電話通話可、web会議可の
お仕事する人向け車両とのこと。
ですが、意外とうるさくないです。
当たり前なんですが、仕事の内容が周囲に漏れるわけですから、
おおっぴらに通話している人はいません。

従来の車両のようなwi-fiの接続時間制限はありませんが、
通信速度は他の新幹線車両と同じです。

ノートPC操作している人が多いので、
キーボードの音が少しひびきます。

最大のメリットは静か。
・予約が大人1名専用で、複数名での予約ができない。
・グループでのおしゃべりがいない
・酒を飲んでもいいが、一人なので静か。
・割引率が悪いので、学生がいない。
・EX予約は初期設定が難解なので、面倒な客がいない。

名古屋出張だったのですが、
往復ともにこの車両で、快適に読書と睡眠とれました。
仕事は車内ではしていません(笑)
東海道新幹線テレワーク車両「S Work車両」_a0003650_22351788.jpg
「鑑識レコード倶楽部」“The Forensic Records Society”
著:マグナス・ミルズ 翻訳:柴田元幸
出版社:アルテスパブリッシング (2022/4/15)

毎週月曜の夜、パブの小部屋に3枚のシングルレコード盤を持ち寄り、
無言で聴く倶楽部。感想や意見は一切言ってはいけない。
ポータブルのレコードプレヤーを使うので、音質うんぬんでもない。
ただひたすらに音楽を聴く倶楽部。
平和に進むはずもなく、思わぬ展開に。

おすすめ本です。

:->




# by moonisup | 2022-08-08 22:36 | travel
2022年 08月 06日
桃のジャムとブルーベリーのジャム
桃のジャムとブルーベリーのジャム_a0003650_21200013.jpg
いまごろ7月の話ですが。
山梨桃ツアーで買ってきた加工用の桃で、
桃ジャムを作りました。
桃のジャムとブルーベリーのジャム_a0003650_21202070.jpg
果物のジャム、砂糖は果物量の1/2が基本だそうですが、
甘さ控えめが好きなので、いつもさらに0.9かけています。
そして、桃の場合は甘すぎるので、0.8をかけます。
桃1040gの半分で520g、それの0.8で416gの砂糖でした。
桃のジャムとブルーベリーのジャム_a0003650_21211497.jpg
桃1kgで5瓶ほど。
しばらく楽しめます。
桃のジャムとブルーベリーのジャム_a0003650_21213988.jpg
うまいです^^
桃のジャムとブルーベリーのジャム_a0003650_21215884.jpg
そして近所の八百屋さんで買ったブルーベリーでも
桃のジャムとブルーベリーのジャム_a0003650_21221325.jpg
毎度のことですが、アクがすごいです
桃のジャムとブルーベリーのジャム_a0003650_21223331.jpg
ブルーベリー本当に値上がりました。
もっと大量に作りたかったのですが、
まあ無理せずで、収穫は2瓶と半分
桃のジャムとブルーベリーのジャム_a0003650_21230897.jpg
これまたうまいです

7月の雨の日に煮込みました。
ここ最近の猛暑の時でしたら、エアコンつけていても長時間の鍋はきつかったので、
早い時期に作っておいてよかったなあと。

次のジャムは秋のリンゴシーズンに。

:->



# by moonisup | 2022-08-06 21:25 | sweets
2022年 08月 03日
2022-06 サンライズ出雲
2022-06  サンライズ出雲_a0003650_22225763.jpg
島根・鳥取旅行の最後。
米子から東京へは、寝台特急サンライズ出雲で戻りました。
2022-06  サンライズ出雲_a0003650_22232094.jpg
チケットですが、以前はみどりの窓口でしか買えませんでしたが、
今はJR西日本「e5489サービス」で買えます。
ただJR西日本のサイトなので、
東日本エリアの人は切符発券場所にご注意、限られます。

JR西日本「e5489サービス」は、JR東日本「えきねっと」同様
使いにくいサイトです。
こちらのサイトが丁寧に解説してあり、大変参考になりました。

肝心なのは、e5489でサンライズ出雲を予約すると、シングル・ツインが優先されます。
「この列車を変更する」
というボタンを押すと、他の種類の座席が買えるようになります。
詳細は上記リンク参照。
2022-06  サンライズ出雲_a0003650_22262887.jpg
一人なんだから、シングルでもよかったのですが、
せっかく空席があったので、広くゆったりとしたシングル・ツインを。
こんな部屋を一人で。
上の段は荷物置き場にして、下で寝ました。
2022-06  サンライズ出雲_a0003650_22265216.jpg
廊下は狭いです。
個室は鍵付き
毎回暗証番号を入力することで施錠できます。
2022-06  サンライズ出雲_a0003650_22270854.jpg
車内販売はありませんが、
飲み物の自販機はあります。
乗車前に買い込んだおやつ、飲み物、ゴルゴ。
普通の人はここにお酒を並べてバーカウンターにするそうです。
(自分は下戸ですので)
2022-06  サンライズ出雲_a0003650_22272278.jpg
ホームにいる人から中が見えるので、
駅に着くと室内の電気消をしたり、カーテンおろしたりします。
2022-06  サンライズ出雲_a0003650_22274425.jpg
枕、毛布、浴衣、紙コップあります。
歯ブラシは自分で用意
(一番高い個室にはあるそうです)
2022-06  サンライズ出雲_a0003650_22280391.jpg
疲れていたので11時ごろに就寝。
わりとぐっすり眠れて、目がさめたのが4:42
無人の豊橋駅でした(この時点で1時間ぐらい遅れ)
2022-06  サンライズ出雲_a0003650_22285142.jpg
朝4:47ごろ、日の出
アイマスク、耳栓は必須

ここから二度寝
2022-06  サンライズ出雲_a0003650_22291030.jpg
東京駅に定刻到着が不可能とのことで、
熱海駅での新幹線振替のアナウンスがありましたが、
そのまま乗車。
2022-06  サンライズ出雲_a0003650_22294085.jpg
東京駅着、定刻だと7:08ですが、
8:59着、ほぼ2時間遅れ、
朝のラッシュも終わっていたのでかえって楽でした。

6月に島根県、鳥取県を旅したことで、全都道府県に訪問したことになりました。
そのための旅行でした。
残り2県となったのが、2020年コロナ直前で、そこからいつ旅にでるかずっと考えていて、
ようやくという感じです。

まだまだ日本国内で行きたいところはたくさんあります。
年内に行けるかどうか。
つくづく旅とグルメと読書は若いうちですね。
体力、脳の判断力、気力。
行ける時に行っておかないと、焦りながら、でもまあのんびりした性格なんで、
ゆるゆると各地まわりたいと思います。

:->




# by moonisup | 2022-08-03 22:30 | travel
2022年 07月 30日
2022-06 境港・水木しげるロード
2022-06 境港・水木しげるロード_a0003650_22233399.jpg
水木しげるは鳥取県境港市そだち(産まれは大阪)。
というわけで、米子駅から境港駅を結ぶJR境線は、
鬼太郎列車が運行しています。
2022-06 境港・水木しげるロード_a0003650_22240053.jpg
大山と境線
2022-06 境港・水木しげるロード_a0003650_22241810.jpg
米子から終点の境線まで、わずか17.9km
単線でのんびり運行で46分
弓ヶ浜駅で複線すれ違い
2022-06 境港・水木しげるロード_a0003650_22243710.jpg
2022-06 境港・水木しげるロード_a0003650_22250465.jpg
すべての駅には、別名で妖怪の名前が。
(米子駅=ねずみ男駅)
2022-06 境港・水木しげるロード_a0003650_22251525.jpg
目玉おやじ列車、
座席には鬼太郎
2022-06 境港・水木しげるロード_a0003650_22253066.jpg
2022-06 境港・水木しげるロード_a0003650_22253889.jpg
列車の天井にも
2022-06 境港・水木しげるロード_a0003650_22255145.jpg
交通系ICカード使えます
2022-06 境港・水木しげるロード_a0003650_22261356.jpg
境港駅でてすぐ、
水木先生原稿執筆中
2022-06 境港・水木しげるロード_a0003650_22264026.jpg
2022-06 境港・水木しげるロード_a0003650_22264854.jpg
境港には水木しげるロードがあり、
妖怪のブロンズ像が177体!
すべて撮りたかったのですが暑さでとても無理でした。
2022-06 境港・水木しげるロード_a0003650_22265699.jpg
妖怪神社
手水が目玉おやじw
2022-06 境港・水木しげるロード_a0003650_22271117.jpg
市内バス
2022-06 境港・水木しげるロード_a0003650_22272962.jpg
鳥取といえば梨、
梨味のソフトクリーム(あっという間に溶けていく〜)
2022-06 境港・水木しげるロード_a0003650_22275922.jpg
風景印集めで郵便局をめぐりしたかったのですが暑くて断念、
そしたら水木ロードに妖怪ポストがあり、
ここに投函することで風景印が送られてきました。

(つづく)


# by moonisup | 2022-07-30 22:29 | travel
2022年 07月 25日
2022-06 植田正治写真美術館
2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23135390.jpg
大好きな写真家・植田正治。
鳥取県にあるその写真美術館に、ようやく行くことができました。
2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23144998.jpg
最寄り駅はJR伯備線(はくびせん)の岸本駅
2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23160632.jpg
ここから徒歩40分
バス(予約制)との接続も悪いので、レンタカーを借りました。
2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23162397.jpg
この日の米子市は最高気温38度!
おだやかな気候なら40分ぐらい歩くのですが、
まあ無理せず。
2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23163904.jpg
車だとあっという間に到着。
植田正治写真美術館の外観です。
2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23165976.jpg
大山(だいせん)は中国地方最高峰北で、
「伯耆富士」とも呼ばれているそうです。
そのふもとに美術館はあります。

植田正治の作品については、こちら
2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23174536.jpg
多くの作品が展示されているのはもちろん、
いくつかの著名作品は、地図つきでの解説もありました。
2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23181455.jpg
ここには日本最大のカメラレンズというのがありまして
2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23183945.jpg
これが壁にうまっています。
この外壁の小さな丸のとこ。
この内部が真っ暗なシアタールームで
2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23190327.jpg
外の景色がリアルに映ります
2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23192206.jpg
こんな仕組みです、おわかりになりますかね。
カメラ・オブスクラと言います

2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23201667.jpg
2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23202603.jpg
平日昼間、ほぼ貸し切りでした。
色々とね、感慨深く人生走馬灯コーナーでした
2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23204861.jpg
珍しく記念写真(椅子に置いてセルフタイマー)
2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23212053.jpg
山形の月山、長野の浅間山を思い出しました
2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23214790.jpg
植田正治について書こうと思ったら、とてつもなく長くなったので、
まあいつか機会あれば。
自分が写真を撮るきっかけになった写真家の一人です。
2022-06 植田正治写真美術館_a0003650_23224750.jpg
(つづく)




# by moonisup | 2022-07-25 23:23 | travel