2018年 08月 20日
ゆで卵がきれいにむけた・その2
a0003650_21274188.jpg
この記事の続きです。

こんなことを書いたら、友人知人からアドバイスをいだきまして。

「画鋲なんかでなく、卵のお尻を、がつんと割ってからゆでる」
とのこと。
そうですか、では思いっきり。
a0003650_21284295.jpg
1.事前にお湯を沸かしておく
2.なんか固いもので勢いよく
3.ぱきん
4.こんぐらい割れても、液漏れはしません
a0003650_21290156.jpg
5.やけどしないように、お玉で熱湯にいれる
6.このように、液漏れは大丈夫
7.茹で上がった状態
8.氷水で冷やす

この方法で完璧でした。
卵4つあったので、冷やす時間も、
・5分
・10分
・15分
・20分
で試しましたけど、5分冷やしただけで、するっと簡単にむけました。
20分は冷やしすぎなのか、殻が固くなってしまった印象です。

別の日の、さらなる実験
a0003650_21294072.jpg
3つの卵を、
・穴なし
・画鋲のみ
・大きくひび割れ
の比較。
上と同様に、熱湯にお玉で入れて、茹でて氷で5分冷やすと、
どれもきれいにむくことができました。
派手にヒビ入れたのが、一番簡単にむける感じはしました。
ヒビ入れたのは、写真右、うっすらと輪ができています。

というわけで、一番重要なのは、熱湯から入れる、のようです。

個体差、調理道具、気温差などもあると思うので、
これで絶対とは言い切りませんが、
しばらくこの方法で試してみます。
タッパーガシガシは、疲れるので却下。
他にいい方法あれば、教えて下さい。

:->


[PR]

by moonisup | 2018-08-20 21:30 | recipes


<< Hello from Toky...      駅のホームでシューアイス >>