2018年 11月 16日
2年半ぶりの石巻へ 02
a0003650_22332429.jpg
石巻の朝は早いのです。
ボランティアセンターにいる時は、
6時起きで朝食作りをしていました。
友人宅に泊まるようになってからは、
ちびっこに
「せきがーさん、あさだよー」
と、起こされてきましたが、
彼ももう小学校2年生。
今回は、工作で作ったらしい、
カタカタカタカタ、と音がなる道具が、
早朝に耳元で炸裂しました(笑)写真右。
写真左は、アイロンビーズで、“せきがわ”を作ってくれるらしかったのですが、
“せき”で止まったままでした^^
a0003650_22344506.jpg
東京よりも、秋の気配濃く、
あちこちで柿がなっていました。
a0003650_22351329.jpg
正月飾り用の藁が干してあります
a0003650_22352772.jpg
手作り市に行き、友人たちにあいました。
ひさしぶりー。

今回、震災ボランティアでなく、
友人たちとだらだら話をしていたので、
特筆すべきことはあまりありません。
a0003650_22372010.jpg
このマークが、町の数箇所で見られました。
津波がきたら、この建物の上に避難しましょう、
というもの。
a0003650_22373787.jpg
復興住宅
この建物にも、同じマークがありました。
a0003650_22375397.jpg
北上川。
思い入れがありすぎて、言葉にはならないのですが。

写真、こんだけです。
町を歩いても、子どもたちと手をつないで両手がふさがっていたので、
カメラを取り出せまんでした。
まあ、それでいいかなと、無理に写真も撮りませんでした。

石巻弁で、お茶をしながら話をすることを、「おちゃっこする」
と言います。
二日間、たくさん「おちゃっこ」しました。
a0003650_22385754.jpg
新しい橋が建造中。
地震や津波でびくともしなさそうな立派な橋になりそうです。
a0003650_22393163.jpg
a0003650_22393976.jpg
「それじゃまたね、今度は2年も間隔あけないで、春にでも」
「またね」
と、石巻を後にして、仙台に移動しました。

(つづく)



[PR]

by moonisup | 2018-11-16 22:39 | travel


<< 東北大学の紅葉 2018      2年半ぶりの石巻へ 01 >>