人気ブログランキング |
2019年 11月 02日
ベルギー・13マグリットの町
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22052251.jpg
2019年8月31日 
ブリュッセル 朝8:02
泊まったホテルの窓から
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22060605.jpg
朝ごはん探しの散歩へ。
土曜日の朝は人通りも少なく、
昨日の喧騒が嘘のようです。
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22061880.jpg
パン屋みっけ
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22063049.jpg
なんとなくのぞいて、自分には無縁の場所かな
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22064897.jpg
ゲント、ブルージュで漂っていた穏やかな空気は、
ブリュッセルではあまり感じませんでした。
首都であるだけでなく、
町の裕福さも関係あるようです。
移民の問題とか、失業率とか。
きらびやかな世界の裏は、
どこも問題を抱えているようです。
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22073408.jpg
バルトーク先生が、なんでベルギーに???
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22075602.jpg
この素敵な公園には朝から人がいました。
ご飯を食べたり、本を読んだり、子供が遊んでいたり。
町の人々の憩いの場のようです。
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22083075.jpg
旅の間、ずっと晴れでした。
一度ぐらい雨がふって濡れた石畳を撮りたいと、
カメラの雨対策もしてきたのですが、、、

朝ごはんを食べて、
ホテルをチエックアウト。
荷物をフロントにあずけて、
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22085083.jpg
マグリット美術館を目指します。
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22090329.jpg
王立美術館に隣接していて、入り口がちょっとわかりにくい

マグリットも大好きな画家なのです。
数々の作品を見てきました。
事前に調べてわかってはいたのですが、
故郷のブリュッセルには、あまり作品がなく、
散逸してしまっているのです。

画家には珍しく、慎ましい生活をして、生涯一人の妻を愛して、
絵を描く時はスーツ姿。
銀行員の採用試験に通ったことも。
アトリエではなく台所で絵を描き、
まわりを汚すことなく、正確な筆運びで効率よく仕事をした人だそうです。
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22094456.jpg
マグリット美術館で買った、定規。
かなりお気に入り。
今でも仕事中に、ふと手にとって、ゆら〜り、ゆら〜りと。
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22100324.jpg
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22101102.jpg
美術館のカフェでランチ

もう旅の終わり、最後の日です。
夜の飛行機で日本に戻ります。
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22102545.jpg
ふらふらと町を歩き、
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22104812.jpg
チョコレート店をまわったり、
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22110473.jpg
本屋、Taschenタッシェンの専門店です!
ドイツの画集や写真集専門の出版社で、
何冊も写真集や画集を持っています。
うわーい、望外の喜び。

店員さんに、Jazz写真の巨匠 William Claxton の写真集があるか聞いてみたら、
「それはもう古いからないよ。ネットの中古で探したほうがいいよ」
と即答されました。
淋しさを感じつつも納得しました、やっぱしそうかと。

初めてヨーロッパに行った時、写真集や画集を何冊も買いました。
スーツケースは本でいっぱい、重くて重くて、
それでも買いました。
この店でも欲しい写真集が何冊もあったのですが、
今はもうネットでも買えるのです、重いものを頑張って運ばなくても。

時代とともに、自分の年齢とともに、旅のスタイルは変わったのだと、
色々な場面で感じました。
もう旅先で、食事をぬいて開館から閉館までずっと美術館にいたり、
本屋ばかりまわったすることはしなくなりました。
(過去にしたことを悔いてはいません、その時はそれが必要でした)
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22112197.jpg
ブリュッセルの町を歩きながら、
暑さでもうろうとしながら色々なことを考えました。
この先、何度旅に出られるのだろう、
自分はどんな写真を撮るのだろうとか、
埒もないことをぐるぐると。
ベルギー・13マグリットの町_a0003650_22114174.jpg
これは、アントワープ駅から戻った後に、
ブリュッセルの丘からうっすらと見えた北斗七星。
行く先々で星空を見ることができました。
大きなトラブルもなく、よい旅でした。

これで旅行記を終わります。
8月の旅なのに、やはり11月までかかりました。
長々と見てくださった方、ありがとうございました。

ベルギー・ゲント01
























(おしまい)






by moonisup | 2019-11-02 22:35 | travel


<< 余宮隆展 初台・Style ...      ベルギー・12 夜のアントウェ... >>