人気ブログランキング |
2020年 04月 08日
「とまっていた時計がまたうごきはじめた」
「とまっていた時計がまたうごきはじめた」_a0003650_21444119.jpg
この時期におすすめの本。

「とまっていた時計がまたうごきはじめた」
著:細野晴臣 鈴木惣一朗
平凡社

3.11の震災の翌年、2012年7月から、2014年まで、
合計9回の対談をまとめたもの。

震災後の閉塞感から、ミュージシャンたちはどのように活動を再開させていったか。

 人間は極限状態になると、芸術や美というものに対するセンサーを閉じてしまう「文化的冬眠」状態になり、
その状態から目覚めるためには、青空を見たり、夕日を見たりすることが必要。
細野晴臣は、1940年代の名曲をカヴァーしたものを、夕日や青空のようなものとして存在させた。

音楽家同士の対談なので、専門用語も多々あり、
聴いたことがない昔の曲も登場します。
ネットで検索しながら、曲を聴きながら読むと楽しい本です。

聞き手・鈴木惣一朗の会話運びが秀逸。

:->




by moonisup | 2020-04-08 21:45 | books


<< 3月のお蔵出し      近所の桜 >>