人気ブログランキング |
カテゴリ:art( 58 )

2020年 06月 22日
余宮隆展 2020年6月 千鳥
余宮隆展 2020年6月 千鳥 _a0003650_21511815.jpg
水道橋の器ギャラリー千鳥での余宮隆展。
3月の恒例行事でしたが、
こんなご時世ですので6月開催となりました。

会期:6月20日(土)~29日(月)
 平日12~17時 土日12〜19時

余宮隆展 2020年6月 千鳥 _a0003650_21524136.jpg
お店が広くなっていてびっくり。
余宮隆展 2020年6月 千鳥 _a0003650_21531097.jpg
目移りする器の数々。
今年買ったのは、また後日にちゃんと撮ってからブログに載せます。

必ず撮る記念写真
初のマスク姿
数年後に見て、こんな年もあったね、と笑えるように。
余宮隆展 2020年6月 千鳥 _a0003650_21532702.jpg
最近どこの店にもあるレジカウンターの飛沫防止。
コンビニとかは、ビニールがぶらさっていたりしますが、
そこは千鳥、真鍮製、超かっこいいです。
(こんなものに反応してしまいました)

:->




by moonisup | 2020-06-22 21:53 | art
2020年 06月 05日
画集「東京幻想作品集」
画集「東京幻想作品集」_a0003650_21465254.jpg
「東京幻想作品集」
という画集を買ってきました。

作品の内容が、東京の幻想風景。
人類がまったくいなくなり、街は破壊されて水と緑があふれて、
でも光さす美しい風景。
そんな作品。

もともとブログで作品を知ったのですが、
画集となり5月に発売。

わかりにくいのですが、
著者名が、東京幻想
本のタイトルが「東京幻想作品集」です。
出版社: 芸術新聞社

こんな感じの絵

好き嫌いはわかれると思います。

画集「東京幻想作品集」_a0003650_21485288.jpg
こちらは先日行ってきた、現実の井の頭公園。
今の季節、水草がとてもきれいです。
画集「東京幻想作品集」_a0003650_21493129.jpg
あじさいも

そういえばもう6月、
この2ヶ月の記憶があんまし無いです。
2020年ももうすぐ半分終わりなんですね、、、

:->





by moonisup | 2020-06-05 21:50 | art
2020年 03月 03日
何必館コレクション ロベール・ドアノー展
何必館コレクション ロベール・ドアノー展_a0003650_22432630.jpg
横浜そごうに、ロベール・ドアノー展を観に行ってきました。

ドアノーの名前を知らなくても、
「市役所前のキス」という写真を見たことがある方は多いのでは。
何必館コレクション ロベール・ドアノー展_a0003650_22440918.jpg
これは、アメリカの雑誌「LIFE」に頼まれて撮影されたもので、
パリ特集の扉絵になりました。
1950年のことです。
当時のアメリカ人が思うパリは、
・古い建築
・おしゃれなファッション
・恋人の町
だそうで、そのような編集部からの依頼に応えた傑作です。

ロバート・キャパ、ブレッソンと同時代にパリで活躍した人ですが、
悲惨な事件は一切撮らず、被写体への愛であふれた作品ばかりです。
日本でも人気の写真家なので、
毎年どこかしらで展示があります。

1994年に82歳で亡くなった後は、
大量の写真は、二人の娘が管理していて、
時たま未発表作品が公開されています。

横浜そごうでの展示は、3/15までの予定でしたが、
急遽中止になりました、残念なことです。
今回の展示は、
何必館(かひつかん)京都現代美術館のコレクションですので、
またどこかで見られる機会があるかもしれません。

「この豊穣な世界で自分自身を見失わないことは、私にとってひとつのゲームだった。
私はルールを決めた。ユーモアと羞恥心という枠に守られれば、足を踏み外すことはあるまいと。」
     ロベール・ドアノー

何必館コレクション ロベール・ドアノー展_a0003650_22443542.jpg
春間近。
花粉症がつらく、目がかゆいのですが、
横浜まで行くことができて、よい一日でした。
:->




by moonisup | 2020-03-03 22:45 | art
2020年 03月 01日
志の輔らくご、パルコ劇場杮落とし公演
志の輔らくご、パルコ劇場杮落とし公演_a0003650_21370719.jpg
2月初旬、
渋谷パルコ劇場の杮落とし公演・志の輔らくご、
観てきました。
志の輔、チケットぴあ抽選に外れること7回(笑)
ようやく当たったのが、パルコ杮落とし。
すんばらしい内容でした。

三番叟(さんばそう・能の祝言の舞)を志の輔本人が舞ってから、
その流れで、神様ネタの「ぞろぞろ」へ。
そこから休まずに、内容の韻を踏んでの「メルシーひな祭り」
烈帛の名人芸に、涙でましたよ。
ここまでで1時間50分、終演かと思ったらら15分の休憩。
残り時間的に最後は小ネタだろうと思ったら、
大ネタの妾馬(めかんま)を元にした、八五郎出世。

年間数本しか落語を観に行かないのですが、
こういう大当たりをひくと、たまらんです。
素晴らしい落語会でした。

:->




by moonisup | 2020-03-01 21:39 | art
2019年 11月 04日
余宮隆展 初台・Style Hug Gallery 2019
余宮隆展  初台・Style Hug Gallery 2019_a0003650_22405440.jpg
陶芸家・余宮隆展に行ってきました。
場所は、原宿から初台に移転した、
余宮隆展  初台・Style Hug Gallery 2019_a0003650_22414232.jpg
DMちゃんと見ていなくて、原宿に行くつもりでした。
よく見たら移転していてびっくり、
あぶないあぶない。

余宮隆展
2019年 11月2日(土)- 9日(土)
11:00 – 18:00 ( 最終日17:00 )
余宮隆展  初台・Style Hug Gallery 2019_a0003650_22421445.jpg
余宮隆展  初台・Style Hug Gallery 2019_a0003650_22425135.jpg
今回は、ひょうたん型の器を購入しました。
何をどう盛りつけようか、楽しみです。
:->





by moonisup | 2019-11-04 22:39 | art
2019年 09月 20日
画業50年突破記念 永井Go展
画業50年突破記念 永井Go展_a0003650_22035293.jpg
9月最初の三連休中、上野の森美術館に
「画業50年突破記念 永井Go展」を見てきました。
大量の原画など、見応えあり2時間以上楽しめました。

画業50年突破記念 永井Go展_a0003650_22044159.jpg
自分は永井豪のファンというにはおこがましいのですが、
予想以上に読んだことがある作品が多いのを再確認。
兄が大ファンなので、その影響だと思います。
ほとんどの単行本は兄が所有していました。
画業50年突破記念 永井Go展_a0003650_22051156.jpg
魔王ダンテが大好きで、続きが読みたくて、
(小学生なので情報なく、連載誌が廃刊になっていたのは知らなかった)
その続編がデビルマンと言われても、当時は納得しませんでした。
天使と堕天使の違いもわかるわけがなく。
画業50年突破記念 永井Go展_a0003650_22054077.jpg
永井豪がインタビューで、
「好きな画家はギュスターヴ・モロー」
と言っていて、大変納得でした。
一番好きな画家が共通で、ちょっと嬉しかった。
画業50年突破記念 永井Go展_a0003650_22060043.jpg
上野の森美術館は、コインロッカーがなく、リュックの人多く、
動線最悪だわで、相変わらずひどい会場ですけれど、
展示内容は素晴らしかったです。

2019年9月29日(日曜日)まで。

:->




by moonisup | 2019-09-20 22:07 | art
2019年 09月 15日
小松崎茂展 2019 中野
小松崎茂展 2019 中野_a0003650_21490872.jpg
中野へ。

小松崎茂2019展
~僕等のBOXアーツの巨匠 ジェリーアンダーソン作品編~

(画像オフィシャルサイトより)
小松崎茂展 2019 中野_a0003650_21494070.jpg
その昔プラモを作ったことがある人なら見覚えのある絵かと。
原画、素晴らしいの一言。
会期ぎりぎりでした(明日9/16まで)
会場内の客、全員おじさん(若者、女子ゼロ)
まあ、そりゃそうですね。
(会場内は条件付き撮影可でした)

小松崎茂展 2019 中野_a0003650_21521660.jpg
とろとろ親子丼が美味しい「比内や」
吉祥寺でよくお昼に食べていましたが、
中野にもあるとのことで、初。
変わらずおいしい。
同行した友人が大盛りを頼んでいて、
そのサイズにびっくり(この撮り方だと違いあまりわからず)
小松崎茂展 2019 中野_a0003650_21523680.jpg
中野駅周辺はお祭りでした。
北口広場での太鼓の演奏が素晴らしいものでした。
動画撮ったけど、スマホなのでブレブレ。

連休中日。
明日は、ベルギーの写真セレクトします(多分)

:->





by moonisup | 2019-09-15 21:53 | art
2019年 09月 11日
原田治展「かわいい」の発見 世田谷文学館
原田治展「かわいい」の発見 世田谷文学館_a0003650_21290224.jpg
世田谷文学館、原田治展「かわいい」の発見 
を、見てきました。

原田治展「かわいい」の発見 世田谷文学館_a0003650_21311730.jpg
僕ら世代、80年代、90年代を知っている人には、ぐっとくるものばかりです。
マガジンハウスの雑誌、ビックリハウス、
ミスタードーナツ、崎陽軒の醤油差し、カルビーポテトチップスのジャガイモイラスト、
日立エアコンのしろくまくん、グリコPRETZのイラスト、あげればきりがないほど。
洗練されたかわいい、外国の香りただようイラストが大好きです。

展覧会会場は、僕世代の人ばかりかと思っていたのですが、
意外と若い人たちも多くみかけました。
時代をこえて愛されているイラストなんだなあと。

2019年9月23日までです。

:->




by moonisup | 2019-09-11 21:37 | art
2019年 08月 03日
小畑健展 NEVER COMPLETE
小畑健展 NEVER COMPLETE_a0003650_21112710.jpg
先日、「小畑健展 NEVER COMPLETE」
行ってきました。

~8月12日(月・祝)
※会期中無休
午前10時~午後5時
アーツ千代田 3331


「ヒカルの碁」「DEATH NOTE」「バクマン。」「プラチナエンド」
のどれか一つでも読んだことがあるのなら是非。
すんごいです原画。
モノクロもすごいけど、カラーの美しさよ。

展示の奥では、小畑健ご本人が、作画をしていて、
その光景を間近で拝むこともできました。
多くの人が見守るなかで、自然体で、どんどん着彩していく風格に感動いたしました。

子供と一緒に見に行って、漫画のいろいろな場面について解説してくれました。
右利きと左利きの筆使いの差とか。
小畑健展 NEVER COMPLETE_a0003650_21151308.jpg
毎年毎年、ほんとうに暑いですね、
皆様どうぞお気をつけてお過ごしください。
よい週末を。

:->




by moonisup | 2019-08-03 21:16 | art
2019年 06月 09日
アートになった猫たち展
アートになった猫たち展_a0003650_20415968.jpg
先日、日比谷図書館で
「アートになった猫たち展~今も昔もねこが好き~」
を見てきました。
見ごたえるのある楽しい展示でした。
江戸中期から明治期、現代の猫をモチーフにした作品の数々。
猫好きの方におすすめ。

6/23までです。

アートになった猫たち展_a0003650_20424313.jpg
日比谷公園の噴水前。
花壇の花が、あちこちできれいです。
あじさいも見頃。

梅雨入りして、気温が下がった気がします。
5月が暑すぎたので、ちょうどいいぐらいですかね。
:->




by moonisup | 2019-06-09 20:44 | art