人気ブログランキング |
カテゴリ:art( 58 )

2016年 07月 10日
横浜美術館「メアリー・カサット展」
横浜美術館「メアリー・カサット展」_a0003650_19413135.jpg

先日、横浜美術館で
メアリー・カサット展」を見てきました。

カサットはアメリカ生まれで、
フランスで活躍した印象派の画家です。
19世紀はまだ男性社会で、
パリの美術家学校に女性は入学できないほどでした。
そんな時代に、実力が認められて、
印象派のサロンに出入りできた二人の女性画家がいました。
その一人が、カサットで、もう一人は、
ベルト・モリゾです。
(モリゾを知らない人も、このマネの絵「すみれの花束をつけたベルト・モリゾ
 を知っている人は多いかと。この絵のモデルがモリゾです)

カサットとモリゾ、
二人に共通しているのは、
裕福な家庭に生まれた、というだけでなく、
マネ(師匠)ーモリゾ(弟子)
ドガ(師匠)ーカサット(弟子)
という、巨大な師匠がいて、
どちらも恋愛関係を噂されていました。

二人とも、女性や子どもを多く描いています。
カサットの絵は、特にどれも幸福にあふれています。

カサットは、ドラクロア、ドガ、日本浮世絵、ルネッサンス期、
色々なものを模倣しまくったのですが、
結局はカサット節を貫いた人です。

カサットは生涯独身でした。
アメリカ人の彼女は、
「カサット」と発音されるたびに、
「キャサットと発音して下さい」
と言っていたとか。

ドガの最後を看取ったのがカサットです。
二人は45年の付き合いがり、
晩年に手紙をすべて燃やしているので、
二人がどんな関係だったのかは不明です。

7/2からは東京の三菱一号館で、
「マーガレット・キャメロン展」という、
19世紀のイギリス人女性写真家の展示が始まります。
キャメロンは48歳でカメラを手にして、
それから写真家になった人です。
(デビューが遅いのは若いころにまだ写真がなかったから、アジェよりも前時代です)

横浜と東京で、女性アーティストのパイオニア的存在の展示が、
同時期にあるのは、なにか意味のあることなのかなと考えています。
横浜美術館「メアリー・カサット展」_a0003650_1944144.jpg

横浜の展示を見終わった後に、
友人から「ジヴェルニーの食卓 著:原田マハ」
を勧められて読みました。
画家にまつわる4つの短編小説で、
ドガとカサットの物語があり、展示とあわせて読むと、
いっそ興味がわきました。

:->

by moonisup | 2016-07-10 19:44 | art
2016年 04月 15日
矢野義憲展(木工) 2016年春 東京銀座
矢野義憲展(木工) 2016年春 東京銀座_a0003650_20445680.jpg

福岡の木工作家・矢野義憲さんの個展が、
東京銀座で本日から始まりました。
素敵な木の器、
東京での展示は年に1回だけですので、
お近くの方は是非。
矢野義憲展(木工) 2016年春 東京銀座_a0003650_2045979.jpg

矢野義憲展(木工) 2016年春 東京銀座_a0003650_20451314.jpg

エポカ ザ ショップ銀座 日々nichi-nichi
104-0061
東京都中央区銀座5-5-13 B1
TEL:03-3573-3417

4月15日ー20日(水)
12:00ー20:00(日祝~19:00)無休
最終日は17時閉店
矢野義憲展(木工) 2016年春 東京銀座_a0003650_2045271.jpg


こちらが
昨年の夏に、福岡の工房におじゃました時の記事です。
:->

by moonisup | 2016-04-15 20:46 | art
2016年 02月 04日
浦沢直樹展
浦沢直樹展_a0003650_22344033.jpg

浦沢直樹展_a0003650_2234549.jpg

世田谷文学館で、
浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる
という企画展が開催中です。
3/31まで。
浦沢直樹展_a0003650_2238238.jpg

これらの写真はロビー風景です、
本展示の原画は撮影禁止です。
浦沢直樹展_a0003650_2238118.jpg

原画がたくさん展示してあるのですが、
やっぱりうまいです。
ハッピーとヤワラは懐かしく、
きれいな原画でみると、ぐっとくるものがありますね。
ウインブルドンの話の原画があり、
それを見て泣いているご婦人いらっしゃいました。
あれは、きますね。
マスターキートンがいっち好きです。

最寄り駅は、京王線の芦花公園駅で、
各駅停車しか停まらないのでご注意。
:->

by moonisup | 2016-02-04 22:38 | art
2015年 10月 27日
イシカワコウイチロウ個展「Copitown」
イシカワコウイチロウ個展「Copitown」_a0003650_22551353.jpg

表参道駅から、青山通りを上り方向へ
イシカワコウイチロウ個展「Copitown」_a0003650_22554580.jpg

秋晴れの青山団地へ

OPA galleryで、
イシカワコウイチロウ個展「Copitown」_a0003650_225616100.jpg

立体イラストレーター、
イシカワコウイチロウ個展「Copitown」
に行ってきました。
イシカワコウイチロウ個展「Copitown」_a0003650_22563531.jpg

かわいい、素敵な作品ばかり。
イシカワコウイチロウ個展「Copitown」_a0003650_22564390.jpg

10/28水曜日が最終日、17時までですが、
お近くの方は是非。
イシカワコウイチロウ個展「Copitown」_a0003650_22573321.jpg


OPA gallery
東京都渋谷区神宮前4-1-23-1F

イシカワコウイチロウ 公式サイト

:->

by moonisup | 2015-10-27 22:58 | art
2015年 05月 23日
矢野義憲個展 (2015 東京)のおしらせ
矢野義憲個展 (2015 東京)のおしらせ_a0003650_22423323.jpg

福岡県糸島の木工作家、矢野さんの個展が、
本日から開催されます。

矢野義憲 個展
2015年5月23日(土)〜30日(土)
11:00〜18:00(最終日17:00)
作家在廊日 5月23日(土)
会期中無休

151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3−59−8
原宿第2コーポ208
Style-Hug Gallery
T/F 03-3401-7527

お近くの方は、是非。
手になじむ、そしてやさしくて強い、
素晴らしい木の器です。


以前、糸島に行った時の記事です。

:->

by moonisup | 2015-05-23 10:42 | art
2015年 04月 18日
Star Wars 予告編02


Star Warsの新作 予告編のNo.2が公開されました。
いやあ、、、、たまらんですわ。
いきなりの山のようにそびえるスター・デストロイヤー。
代々受け継がれるフォース。
そして、ファルコンの飛翔!!
で、ハン・ソロ。

初期3部作(4.5.6)の後の、後期3部作(1.2.3)
で、ずっこけた人は世界中にいて、
7作目を作ると発表された時の
ブーイングはすさまじいものがありました。
でも、監督がJ・J・エイブラムスと発表されて、
・汚しの美学
・西部劇
・神話
を理解している予告編 No.1を見て、
一気に期待が高まりました。
そして、今回の予告編No.2
もう、いけますよ、絶対に(と信じたい今日このごろ)

で、ANAがまさかのR2D2塗装!



秋に就航予定とのこと、
これも楽しみです。

:->

by moonisup | 2015-04-18 22:46 | art
2015年 03月 17日
岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ
岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ_a0003650_22275692.jpg

世田谷文学館で
岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ
を見てきました。
岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ_a0003650_22283314.jpg

昔読んだ数々の作品の原画を見て、
懐かしく、ぐっとくるものがありました。

「リバーズ・エッジ」で、夜の橋を歩く二人、
美しい構図を、大きな原画で見られたのはよかった。
あの頃、中尊寺ゆつこ、内田春菊、桜沢エリカ、
原律子と、同世代女性漫画家がいたけれど、
絵が一番好きなのが、岡崎京子でした、
とても洗練された絵柄でした。

80年代後半の"トーキョー"の空気、
バブル景気の影でうごめいていた貧乏で、
気持ちは世の中に引っ張られてて背伸びしていた、
思い出すだけで赤面するような懐かしい感覚。

「東京ガールズブラボー」の
「金田サカエ16歳、趣味はおしゃれと音楽とかいもん、将来の夢はガイジンになることです!」
が名台詞だったのだと、
今さらですが気がつきました。

3/31まで。
岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ_a0003650_22292111.jpg

この日の東京は、気温が21度まであがり、
コートのいらない朗らかな一日でした。
:->

by moonisup | 2015-03-17 22:29 | art
2014年 11月 08日
余宮隆 うつわ展 2014年11月 荻窪
余宮隆 うつわ展 2014年11月 荻窪_a0003650_23231540.jpg

東京・荻窪で、余宮隆 うつわ展始まりました。
2014年11月8日(土)から16日(日)まで。
(11/9(日)は作家在廊です)
余宮隆 うつわ展 2014年11月 荻窪_a0003650_23232789.jpg

荻窪・art+stellas器物屋
初めてうかいがいました。
167-0051
東京都杉並区荻窪4-25-9
11-19時(木曜日定休日)
余宮隆 うつわ展 2014年11月 荻窪_a0003650_23235920.jpg

素敵な器の数々、お近くの方は是非。
:->

by moonisup | 2014-11-08 23:25 | art
2014年 08月 14日
攻殻機動隊と、あしたのジョー
攻殻機動隊と、あしたのジョー_a0003650_21513378.jpg

池袋西武で、
攻殻機動隊大原画展」(8/20まで)を見てきました。
素晴らしい原画の数々、完璧な世界観、
大大好きな作品なので、堪能できました。
平日の午前、がらがらでした。

そして、西武線で中村橋に移動して、
攻殻機動隊と、あしたのジョー_a0003650_21531350.jpg

あしたのジョー、の時代展」(9/21まで)
も見てきました。
ちばてつやの原画を見るのは初めてかもしれません、
とても美しい上品な絵です。
線がとてもきれい。
タイトル通り、原画以外にも、同時代の文化的な展示もあるのですが、
なんかかたよっていて(マッドな面ばかり意図的に強調していたかのような)、
不要だった気がします。
ちばてつやの原画だけの展示でも、
素晴らしいと思うのですけどね。
攻殻機動隊と、あしたのジョー_a0003650_21554980.jpg

入場チケットにしかけがあり、楽しめました。
攻殻機動隊と、あしたのジョー_a0003650_21561915.jpg

攻殻は展示作品の画集を購入。
作品について語ると、
2万文字越えるので、省略。

攻殻原画展は、
大阪(8/27-9/8)
福岡(10/7-14)
新潟(10/18-11/30)
と巡回するようです。
:->

by moonisup | 2014-08-14 21:57 | art
2014年 05月 13日
バルテュス展  2014年 東京都美術館
バルテュス展  2014年 東京都美術館_a0003650_2231322.jpg

JR上野駅構内で買った、
パンダの焼き印入りの今川焼き。
バルテュス展  2014年 東京都美術館_a0003650_2231307.jpg

朝から雨が降っていたのですが、
午後には晴れて夏日の気温になりました。

仕事を終えて、上野の東京都美術館に着いたのが、
午後3時45分頃。
バルテュス展  2014年 東京都美術館_a0003650_22452260.jpg

バルテュス展を観てきました。
前回はいつだろうと調べたら、
1994年に東京ステーションギャラリーで。
20年も前ですね。
その間に作品のいくつかは何かの企画展で見ている気もしますが、
没後(2001年)に日本で大きな展覧会がおこなわれるのは初とのこと。

バルテュスはちょっと癖のある作風なので、
好き嫌いがわかれると思います。
絵画的な技法としては、特に新しいことをしたわけではありません。
ルネサンスの王道、写実派、印象派、点描、
フジタの白い肌の描き方、など、
色々な技法を取り入れています。
本人も芸術家と呼ばれることを嫌い、
職人でありたかったそうです。
それでもバルテュスが比類ない作家なのは、
絵の題材ですね。
少女特有の天使性と残酷さなどを描きました。
でもバルテュスは、テーマなどを定義づけられるのを嫌い、
「絵だよ、絵のための絵だ」
と言っていたそうです。

バルテュスの絵を好きになったのは、
画集ではなくて、実物を見てからでした。
予想以上に大きな作品、そして空気感の奥底まで描かれていて、
絵の中の少女を抱きかかえたら、女の子特有の、
ふわっとした感覚が蘇るような、
とにかく絵の中に引きこまれます。

今回初めてみた作品で、
「窓 クール・ド・ロアン」(1951年)という作品があり、
彼の代名モチーフである、少女、鏡、猫、のどれもが描かれていません。
それでも、その窓を境界線として、
室内と屋外の空気の違いが伝わってくるすごい作品でした。

ミュージアムショップでは、
必ず売っている代表作のポストカードだけでなく、
写真家の巨匠・アンリ・カルティエ=ブレッソンが撮影した、
彼と家族のポートレートポストカードが売っていました。
どれも初めて見る写真で、迷わず購入しました。
これがまたいいのです。
バルテュス展  2014年 東京都美術館_a0003650_22453695.jpg

5時の閉館で外に出ると、まだ上野公園は明るい陽射でした。
今の季節が一番過ごしやすくて好きです。
公園内のカフェはどこも満席でしたが、
バルテュス展  2014年 東京都美術館_a0003650_22463197.jpg

文化会館内のカフェは、一人なら楽に座ることができました。

バルテュス展・東京都美術館が、
6/22まで。
そして、7/5から9/7までが京都市美術館です。

なんとか時間作って、もう1度ぐらい見に行きたいと思っています。
東博のキトラ古墳壁画展も見たいのですけどね。
こちらは5/18までなので、今週中になんとかしないと。
:->

by moonisup | 2014-05-13 23:03 | art