人気ブログランキング |
カテゴリ:camera( 38 )

2006年 10月 24日
食べ物系ブロガーのための、はじめてのデジタル一眼レフ・レンズの選び方
食べ物系ブロガーのための、はじめてのデジタル一眼レフ・レンズの選び方_a0003650_21593683.jpg
「デジタル一眼レフを買いたいけど何がいい?」
という相談を最近、よく聞きます。
まあ、何でもいいと思います、最近はどれも大差ないです。
10万円と20万円の機種だと違いますが、同じ価格帯であれば、
どこのメーカーもほぼ横並びです。
厳密に言えば機能の差はありますが、写真を撮るという基本性能は一緒。
持った感じ、好みのデザインなどで選んでいいと思います。

大事なのはレンズ選びです。

レンズの種類は本当にたくさんあって、
スポーツを撮るのか(望遠レンズ)
広い風景を撮るのか(広角レンズ)
花の接写を撮るのか(マクロレンズ)
と、何を撮るかによって、異なります。
このブログへの質問なので、料理写真を撮るのに最適なレンズ、
ということで、説明してみます。
あくまでも私的意見なので、参考程度に。
食べ物系ブロガーのための、はじめてのデジタル一眼レフ・レンズの選び方_a0003650_220736.jpg
僕がいつも料理を撮るのに使っているレンズを、3本紹介します。

35ミリ
マクロ60ミリ
マクロ105ミリ
この3本は、ニコンですが、
似たようなレンズが他社にもあります。
(注・この写真のようにレンズを置くのは実際はよくないです)
食べ物系ブロガーのための、はじめてのデジタル一眼レフ・レンズの選び方_a0003650_2202811.jpg
料理を撮るのに気をつけるのは、レンズの最短撮影距離です。
カタログに必ず書かれています。
(各メーカー、サイトで確認できます)
この距離は、レンズ面から被写体の距離ではなくて、
フィルム面(現在はCCDなどの記録面)からの距離です。
この最短撮影距離より近いところには、ピントを合わせることができません。
人間も、文庫本を目の前1センチに持ってきたら、ピントがあわないのと一緒。
この最短撮影距離が、40センチ以上のレンズは、あまり料理写真には適しません。
(撮れないことはないけど、使いにくいです)

実際の作例です。
食べ物系ブロガーのための、はじめてのデジタル一眼レフ・レンズの選び方_a0003650_2205555.jpg
35ミリレンズで近寄れるのは、これぐらいまで。
食べ物系ブロガーのための、はじめてのデジタル一眼レフ・レンズの選び方_a0003650_2213937.jpg
マクロレンズの60ミリでは、ここまで近寄れます。
あまり意味ないですが(笑)
食べ物系ブロガーのための、はじめてのデジタル一眼レフ・レンズの選び方_a0003650_222068.jpg
マクロ105ミリでも60と同じように、近寄れます
料理撮影で、マクロレンズを使い、最短撮影距離までよることは、
あまりないです。
紅茶の撮影で茶葉のアップとか。

定規で見ましょう。
食べ物系ブロガーのための、はじめてのデジタル一眼レフ・レンズの選び方_a0003650_2222589.jpg
35ミリ
食べ物系ブロガーのための、はじめてのデジタル一眼レフ・レンズの選び方_a0003650_2224860.jpg
マクロ60ミリ
食べ物系ブロガーのための、はじめてのデジタル一眼レフ・レンズの選び方_a0003650_223975.jpg
マクロ105ミリ。

このように、2本のマクロレンズは、かなりの近接撮影ができます。
花弁などを撮るのに適しているレンズです。

さて、接写すればいいというものでもないですね。
たとえば、料理一皿を撮影する時に、適したレンズはどれでしょう。
これは24センチのお皿です。
食べ物系ブロガーのための、はじめてのデジタル一眼レフ・レンズの選び方_a0003650_2242410.jpg
これを撮るのに、
35ミリレンズでは51センチ離れます。
食べ物系ブロガーのための、はじめてのデジタル一眼レフ・レンズの選び方_a0003650_2244594.jpg
次に60ミリレンズでは、84センチ離れます。
食べ物系ブロガーのための、はじめてのデジタル一眼レフ・レンズの選び方_a0003650_225377.jpg
そして、105ミリでは、112センチ離れないと撮れません。
もしレストランでお皿を撮ろうとして、105ミリしかなかったら、
イスの上に乗るか、席を立って後ろにずっと下がらないと無理です。
食べ物系ブロガーのための、はじめてのデジタル一眼レフ・レンズの選び方_a0003650_2272019.jpg
上記の理由で、このブログの食べ物写真は、
ほとんどが、35ミリレンズで撮影しています。
理由は、
1.必要充分の距離に近寄ることができる
2.軽い
3.皿全景を撮るのにも、あまり後ろに下がらなくてすむ。

注意点を一つ。
レンズは、他社製品との互換性がありません。
ニコンのレンズはニコンボディでしか使えません。
キャノンはキャノンボディのみ。
(アダプターを使うなどの例外はあります)
なので、最初にキャノンでそろえてから、他社製品に買い換えるときは、
レンズもすべて最初からそろえることになります。
なので、最初のメーカー選びは、そのことも考えてください。

コンパクトデジカメから一眼レフに買い換えると、
最初はその重量でおどろきます。
写真を撮っている時はいいのですが、電車で毎日持ち歩ける人は、なかなか少ないです。
食べ物系ブロガーのための、はじめてのデジタル一眼レフ・レンズの選び方_a0003650_22312577.jpg
デジタルカメラは半年ごとに新製品が出ます。
最新機種も、3年もたてば下取り価格ゼロなので、
使いつぶすつもりで、たくさんたくさん撮って下さい。
なので、毎日使うのに、手頃な大きさ、飽きないデザインというのも、重要です。

繰り返しですが、料理写真を撮る予定の方は、買う予定のレンズの「最短撮影距離」を
調べてみて下さい。

デジタル一眼は、後のピントをぼかす、こんな写真を撮るのが、コンパクトカメラよりも、とても楽です。
それもまた、レンズ選びから。
:->

by moonisup | 2006-10-24 22:10 | camera
2006年 08月 02日
デジタル一眼レフで、花火を撮ろう
デジタル一眼レフで、花火を撮ろう_a0003650_1251387.jpg
デジタル一眼レフで、打ち上げ花火を撮ってみましょう。
フィルムと違いデジタルだとすぐに露出を確認できるので、
きれいな花火の写真が比較的簡単に撮影できます。

続きを読む

by moonisup | 2006-08-02 12:51 | camera
2006年 02月 23日
結婚式の撮り方
結婚式の撮り方の簡単なコツを書いてみます。
結婚式の撮り方_a0003650_19402196.jpg

結婚式の撮影で一番大事なのは、写っている、ということです。
撮り直しが不可能なので、何も写っていなかった、では大変ですね。
でも今はデジタルなので、フィルムよりも気楽です。
デジタルでも、式の途中に撮った画像を確認するのはいいのですが、
削除するのはやめましょう。
なにかで全削除になってしまったら大変です。
(カメラ操作に慣れている方は問題ないです)

記録するメディアカードは大きめの容量を、
バッテリーは必ずフル充電でのぞみましょう。
結婚式の撮り方_a0003650_19444192.jpg
 
主役は花嫁ですので、花嫁をたくさん撮ってあげましょう。
色々な表情をたくさん撮って、後で選びます。
結婚式の撮り方_a0003650_1945537.jpg

披露宴とは違い、式は撮影禁止が多いので、
その場の指示にしたがって、無理に撮るのは控えましょう。
結婚式の撮り方_a0003650_19453831.jpg

式が終わり、チャペルから二人がでてくる時、人がたくさんまわりに集まります。
その時、無理に二人だけを撮ろうとしないで、周りの祝福している人々の様子も撮りましょう。
結婚式の撮り方_a0003650_19461124.jpg

次の会場に移動する時などが、二人だけを撮るチャンスです。
結婚式の撮り方_a0003650_1947173.jpg

カットする前のケーキ、料理、花、受付風景、
これらは新郎新婦は意外と見られないものだったりしますので、
記録用に撮っておくと喜ばれます。
結婚式の撮り方_a0003650_19523588.jpg

ケーキカットですが。
新郎新婦二人が同時に同じ場所を見るのは難しく、視線がばらばらになることが多いです。
カットした瞬間は、二人同時にナイフを見ていることが多いので、
そのタイミングを撮っておきましょう。
こんな感じ

 二人の目線が欲しい時は、
「こっちみてー」と大きい声をだして、手をふってあげましょう。
ケーキカットの時、二人にはスポットライトが当たっていることが多く、
客席側は、真っ暗で何も見えません。
声がしても、それがどこだかわからいので、
大きく手をふって、「ここ、ここ」と気づかせてあげましょう。
そして、すみやかにシャッターを切ってあげましょう(二人を待たせないように)
ピントや露出、構図は、カットする前に決めておきます。
結婚式の撮り方_a0003650_1951520.jpg

お色直しで退出した後、二人が戻ってくる予定時刻を、
司会の人、あるいは介添人さんに聞いておきましょう。
少し早めに会場の外で探すと、くつろいでいる二人の光景が撮れたりします。
結婚式の撮り方_a0003650_19555950.jpg

全身構図の場合、ドレスの幅を考えて構図をきめましょう。
二人の身長、ドレスの幅などは、色々な場合があるので、
一概にこんな構図、とは言い切れません。
カメラの高さは、二人の腰のあたりが比率的に美しい場合が多いですが、
立ったりしゃがんだりしてカメラ位置を調整して、
一番きれいに花嫁が見える高さを探してみましょう。
(待たせないように素早く)
結婚式の撮り方_a0003650_19564583.jpg

新郎友人よりも、新婦友人の方が華やかな場合が多いので、絵になりやすいです。
(多くの説明は省きます(笑))
結婚式の撮り方_a0003650_19571444.jpg

屋内では感度を400から800ぐらい、屋外では感度を200ぐらいと、
切り替えてみて下さい。
内蔵のストロボを使う場合と、使わない場合で、どう変わるかとか、
体験的に知っておくといいと思います。
当日は業者カメラマンが入ると思うので、
友人や身内にしか撮れないカット、おどけている花嫁の笑顔とか、
メイクルームに入るのが可能なら、そんなスナップを。
事前に式次第・進行表をもらえるといいですね。

一人で全部撮ろうと頑張らないほうがいいです。
どなたかお友達とコンビを組むと、とても楽です。
一人が花嫁の正面、もう一人は横から、と事前に決めておくと、
ケーキカットにしても、二つの構図から撮れますの。
終わった後に、写真を集めて編集してプレゼントすると、喜ばれます。
結婚式の撮り方_a0003650_2051664.jpg

では、素敵な結婚式になりますように。
:->

by moonisup | 2006-02-23 19:43 | camera
2006年 01月 28日
ポラロイド風の加工
weblog244さん記事で"Fake Polaroid ..."というのがありました。
ポラロイド風の加工_a0003650_17461095.jpg
flicker toysというサイトで、写真を色々と加工できます。
雑誌の表紙風にしたり、ビルボード風とか。
Photoshopで一から作るよりも簡単なので、楽しいです。
:->

by moonisup | 2006-01-28 17:46 | camera
2005年 11月 27日
デジタル一眼の使い方 絞り優先モード
デジタル一眼レフカメラの'絞り優先モード'の解説をしてみます。

 オート、プログラムモードというのを普段使われている方が多いと思います。
それでも何でも撮れますが、意図的な画面作りをしたい時に、
絞り優先モードというのを使ってみましょう。ニコンではAモードと言います。
デジタル一眼の使い方 絞り優先モード_a0003650_22224923.jpg
左のダイヤルをAにあわせて下さい。
次にコマンドダイヤルを動かすと、右側の画面Fの右の数字が、色々と変わると思います。
これが絞りの数字です。(この数字は使っているレンズによって、一部異なります)
絞りとは何か、シャッター速度とは何か。吉例により細かい説明は省略します。
このFの右隣の数字が、小さいほど、ピントがあう場所は狭く、前後がボケやすいです。
このFの右隣の数字が、大きいほど、ピントがあう幅が広くなります。

作例です
デジタル一眼の使い方 絞り優先モード_a0003650_22292624.jpg
F4↑
デジタル一眼の使い方 絞り優先モード_a0003650_22294290.jpg
F8↑
デジタル一眼の使い方 絞り優先モード_a0003650_2230239.jpg
F16↑
デジタル一眼の使い方 絞り優先モード_a0003650_22311695.jpg
F32↑
上から下に、Fの数字が大きくなるとピントのあう幅が広くなるのがおわかりでしょうか。
最初の写真は手前のペンギンにしかピントがあっていません。
数字が大きくなると、だんだん奥のペンギンもはっきりしてきます。
デジタル一眼の使い方 絞り優先モード_a0003650_22341025.jpg
この写真↑は、F値が4です。馬の目にしかピントがあっていません。
デジタル一眼の使い方 絞り優先モード_a0003650_22345681.jpg
この写真↑はF値が16です。後ろの子供たちの表情もわかります。

 これは、どちらがいい写真とか悪い写真とか、そういうのとは関係ありません。
あなたが何をどう表現して、どう人に伝えたいかということです。
上の写真は紅茶の缶です。これをイメージとして人に見せたいのなら、F4の写真。
説明の写真(オークション出品用とか)なら、F16の写真です。
この写真は、F22です。手前のペットボトルと遠くの空の雲、両方にピントを合わせたかったので。

 絞りの数字(F値)を小さくして(絞りを開放にすると言います)撮影するのは、
一眼レフならではの楽しさです。
ファッション雑誌とかでモデルの背景がぼけていたりするのも、この効果です。
レンズの種類、被写体との距離で、ぼけ具合は、色々と変化します。
色々なものを遊びながら撮って試してみて下さい。
:->

by moonisup | 2005-11-27 22:22 | camera
2005年 11月 04日
七五三の撮り方(5歳・男子)
デジカメで子供を撮ろう・1の続きです。
七五三で、子供を撮る編です。
七五三の撮り方(5歳・男子)_a0003650_23184880.jpg
「はーい、まっくすぐになろうねー」

できるわけないです

by moonisup | 2005-11-04 23:16 | camera
2005年 10月 30日
デジカメで子供を撮ろう・1
子供の撮り方を書いてみます。
以下は、方法の一つで、絶対の方法などではありません。
ご参考までに。
デジカメで子供を撮ろう・1_a0003650_23391152.jpg


More

by moonisup | 2005-10-30 23:39 | camera
2005年 10月 01日
カメラのかまえかた
 「デジカメって手ぶれおきやすいの?」と、最近、よく友人に聞かれます。
答えは「ノー」です。
カメラ全般、ぶれやすいのです。
デジカメで手ぶれする人は、フィルムカメラ時代から、手ぶれしていたのです。
気がつかなかっただけです。
フィルムカメラの頃は、サービスサイズ、大きく伸ばしても年賀状サイズでした。
ところが、デジカメだと、プリントしなくても、PCのモニターで見るわけで、
ノートでも12インチ、デスクトップだと17インチ以上とか。
サービスサイズのプリントに比べると、拡大率がすごいですね。
なので、ピントがあっていないとか、手ぶれしているとかに、気がつきやすくなります。

さて、カメラの構え方、基本編です。
カメラのかまえかた_a0003650_2231337.jpg
カメラを左手で持ちます。手のひらの上に置くようにして。
カメラのかまえかた_a0003650_22314358.jpg
右手でしっかりとホールドします。
この時、脇はしめましょう。左手は、自分の胸につけるように。
カメラのかまえかた_a0003650_2232226.jpg
横から見るとこんな感じ。
カメラのかまえかた_a0003650_2232439.jpg
これが悪い例です。
両手でわしづかみにして、脇があいてしまう構え方。
両腕、両手で、カメラを包み込むようにして、しっかりとホールドしましょう。
これだけで、ずいぶんと手ぶれ写真を減らすことができると思います。
:->

by moonisup | 2005-10-01 22:35 | camera